高津区版 掲載号:2015年5月8日号 エリアトップへ

市動物愛護センター 犬の殺処分 2年連続ゼロ ボランティアらも貢献

社会

掲載号:2015年5月8日号

  • LINE
  • hatena
センター職員と預かっている犬(4月28日撮影)
センター職員と預かっている犬(4月28日撮影)

 川崎市動物愛護センター(高津区蟹ヶ谷)は2013年度に続き2014年度も、収容した犬の殺処分ゼロを達成した。同センターの角洋之所長は「職員だけでなく、引き取り手探しなどに協力していただいたボランティアの方々のお陰」と話している。

 川崎市動物愛護センターは1974年の設立後、初めて2013年度に犬の殺処分がゼロになった。14年度は前年より20匹多い141匹の犬を収容したが、2年連続での殺処分ゼロを達成した。

 角所長によると、達成は職員をはじめ、同センターに登録している市内外約30の動物愛護団体、個人ボランティア41人の努力があったから。引き取り手探しだけでなく、犬を手放そうと引き取り相談に来た飼い主に、適切な飼い方や最後まで責任を持って飼う「終生飼養」を伝える指導などにも尽力。74匹に新たな引き取り手が見つかり、67匹が飼い主の元へ戻った。

猫も大幅減

 猫の殺処分数は収容した計437匹のうち12匹。前年度の54匹から大幅に減少した。ただ昨年度、県動物保護センター(平塚市)では収容した犬508匹、猫595匹の両方で殺処分ゼロを達成している。角所長は殺処分数の減少につなげるため、収容数を減らそうと「市でも猫の避妊・去勢手術をさらに広め、人が適正に猫を管理する啓発に力を入れたい」と語った。

 問い合わせは市動物愛護センター(【電話】044・766・2237)へ。

引き取られた生後数日の子猫
引き取られた生後数日の子猫

高津区版のトップニュース最新6

筒井さん、三堀さんが受賞

川崎市自治功労賞

筒井さん、三堀さんが受賞 社会

地域の振興発展に寄与

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

被災コアラに2,000豪ドル

【Web限定記事】アップコン株式会社

被災コアラに2,000豪ドル 社会

独自の「健活ポイント」を現金化し寄付

2月19日号

ライスワックス使用でより安心の筆記具に

【Web限定記事】風呂用 キットパス

ライスワックス使用でより安心の筆記具に 文化

久地・理化学工業が新改良

2月19日号

防犯ベストで犯罪抑止

リメーキングワールド

防犯ベストで犯罪抑止 社会

資源回収業者がパトロール

2月12日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 経済

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク