高津区版 掲載号:2015年8月21日号 エリアトップへ

市政報告 個人情報保護条例改正案の討論でマイナンバー制度の問題点を指摘 日本共産党 川崎市議会議員 むねた 裕之

掲載号:2015年8月21日号

  • LINE
  • hatena

 6月の第3回川崎市議会定例会で提案された37議案の中に川崎市の個人情報保護条例の一部改正がありました。国のマイナンバー制度の1月施行に伴う改正で、日本共産党は、代表質問や委員会審議でマイナンバー制度そのものに多くの問題点があることを指摘しました。

 1つは、すべての国民に番号をつけ、個人の納税や社会保障の情報を国が管理し、国はさらに預貯金や健康診断などの情報も付け加えようとしています。それを使って政府は、税や保険料などの徴収を強化する狙いがあるといわれています。

 2つには、すべての事業所に重い負担と膨大な資金がかかります。すべての事業所は、従業員だけでなくその家族の番号も管理し、その厳格な管理が求められ、システムの改修資金もかかります。

 3つには、年金個人情報流出事件があったように、100%情報漏えいを防ぐのは不可能だということです。アメリカでは、この制度を利用して他人の番号を悪用した「成りすまし事件」が、毎年900万件もおこっています。

 政府は、この制度について公的年金の申請の際などで、手間が省けるといいますが、多くの人にとっては年に一度あるかないかの手続きで、個人情報の流出によってもたらされる被害のほうがはるかに深刻です。

 このことを指摘して、日本共産党は反対を表明しました。

むねた裕之

日本共産党川崎市議団 川崎区宮本町1 川崎市役所第2庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.muneta-hiroyuki.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「200人に1人」へと急増本市におけるコロナ感染

数値でみる川崎と高津 No.69 シリーズ

「200人に1人」へと急増本市におけるコロナ感染

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

2月5日号

高齢者の現状と今後の計画について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 56

高齢者の現状と今後の計画について

川崎市議会議員 さいとう伸志

1月22日号

誰もが安心して暮らせる川崎へ!

市政報告

誰もが安心して暮らせる川崎へ!

川崎市議会議員(公明党) 春たかあき

1月22日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載232回

「くにこ」の県庁見聞録

新年の徹夜県議会

1月15日号

身近な公園と防災機能を考える

市政報告

身近な公園と防災機能を考える

川崎市議会議員(公明党 )平山こうじ

1月15日号

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

数値でみる川崎と高津 No.68 シリーズ

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク