高津区版 掲載号:2015年8月21日号 エリアトップへ

川崎市医師会 中原区役所前に新会館 2年後の供用開始めざす

社会

掲載号:2015年8月21日号

  • LINE
  • hatena

 公益社団法人川崎市医師会(高橋章会長)は7月31日、中原区役所前の暫定駐車場跡地を市から約6億4500万円で購入した。新医師会館の設置を進める計画だ。

 川崎市医師会館は現在川崎区宮前町にあり、市内約1200の会員をまとめる事務局と看護学校が入っているが、建物の老朽化などを理由に移設が検討されていた。

 今回、医師会が市から購入した土地は、中原区役所から府中街道を挟んだ向かい側の中原区役所暫定駐車場の跡地で、敷地面積は725平方メートル。

 新会館は地上7階建てで、延べ面積は約3300平方メートル。1階は駐車場、2階は中原休日急患診療所、3階は会議室、4階は在宅医トレーニングルームと読影室、5階から7階は事務所となる。また、4階は災害時に災害対策センターとしての機能を持ち、約160人の帰宅困難者の受け入れが出来るようになるという。なお、看護学校は17年3月で閉校となる。

 今後の計画は、8月中旬に地盤を調べるボーリング調査、10月に近隣説明会を経て来年3月上旬から着工、2017年6月上旬に供用開始となっている。

 市医師会事務局は「川崎市の中心地に移ることで会員の集まりの効率化が図れる。また、災害時の帰宅困難者の受入れができるようになり、より市民に必要とされる施設にしたい」と話している。

 現在の中原休日診療所は、アクセスが良いことから、高津区からの利用者も多く、広さや待ち時間が課題となっている。新診療所は待合を広くし、約100人分の席を確保、診察室を3部屋用意し、感染症に対応した診察室も設置予定だ。また、モニター番号や電子カルテなどを導入し、待合の流れを改善する策にも着手する予定だという。
 

高津区版のローカルニュース最新6

後を絶たない「集積所の資源物持ち去り」に対し、川崎市がついに罰則化に向け本腰!?

【web限定記事】

後を絶たない「集積所の資源物持ち去り」に対し、川崎市がついに罰則化に向け本腰!? 社会

方針案策定の動きに「ホームレスにとってはアルミ缶が生活の糧」などと人権擁護を訴える市民団体の声も

2月26日号

各区へ実験拡大

【Web限定記事】 市シェアサイクル

各区へ実験拡大 社会

4月から 武蔵溝ノ口駅など追加

2月26日号

「憲剛」の名思い込め

「憲剛」の名思い込め 社会

久地・早川製作所

2月26日号

名前「たまずん」に

宇奈根のナマズ

名前「たまずん」に 社会

千件超の応募から選定

2月26日号

施設一部を貸出停止に

高津市民館

施設一部を貸出停止に 社会

ワクチン接種会場に伴い

2月26日号

献血協力に感謝

川崎西RC

献血協力に感謝 社会

154人が窓口へ

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク