高津区版 掲載号:2015年10月30日号 エリアトップへ

「親子ラグビー教室」を主催した川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める 宍戸 栄さん 中原区在住 72歳

掲載号:2015年10月30日号

  • LINE
  • hatena

競技人口増めざしトライ

 ○…体育の日に等々力緑地内で行われた「親子ラグビー教室」や春秋の市民大会などを主催し、ラグビーの普及に努めている。日本代表の快進撃による空前のラグビーブームに「不思議な感じ。最近はラグビーの話をする側よりも、される側」と戸惑いを見せるも「人気復活のチャンス到来だね」と微笑む。協会が運営するスクールには幼児から中学生まで約150人が入会。「楽しいし、仲間も増える。何より体力作りには最適なんです」と、競技人口増へ向け猛アピールだ。

 ○…学生時代はラグビーとは無縁で、就職した東芝の上司に半ば強引にユニフォームを着させられたことが始まり。「素人なのに最初から厳しく扱かれてね。でも、トライを上手く決めた時には褒めてくれて。仲間と身体をぶつけ合い、汗をかくのも楽しいなって」と、いつしかラグビーの魅力にハマり、仕事と両立し継続してきた。退職後も同協会の役員としてボランティア活動に励んでいたが、3年前、前会長が他界したことから周囲の推薦で会長に就任。その明るい人柄などで人望は厚く、今も会員をまとめている。

 ○…北海道富良野市生まれ。今やラベンダーなどで全国に知られる観光地だが「上京前は、クマやキツネをよく見かけるほどの田舎。テレビなどで素敵な映像や写真を見ると、本当に故郷なのかと疑ったよ」。現在は夫人と2人暮らし。長男長女とも家庭を築き5人の孫も誕生。サッカーに勤しむ男孫に「何度かラグビーに誘ったんだけど振り向いてくれなくてね」と苦笑い。

 ○…かつては市内に約30のラグビーチームがあったが、現在は6チームほどに。「大企業にはラグビー部があって、試合も頻繁に行われていたんだよ」。それでも会員や指導員の協力もあり、ここ数年はスクール生の数も維持している。目標は「等々力陸上競技場メイングラウンドでプレイさせてあげること」。その働きかけも会長の大きな役目だ。

高津区版の人物風土記最新6

金屋 隼斗さん

マニフェスト大賞(関東選抜)に選ばれたNPO法人理事長の

金屋 隼斗さん

東野川在住 44歳

10月16日号

川島 哲男さん

川崎野球協会の6代目会長を務める

川島 哲男さん

川崎区在住 83歳

10月9日号

三角 香代さん

「コネクションズかわさき」の所長・総括コーディネータ―を務める

三角 香代さん

溝口勤務 57歳

10月2日号

甲賀 哲朗さん

本紙連載「市民健康の森だより」の文章・構成を担当している

甲賀 哲朗さん

坂戸在住 72歳

9月25日号

山崎 百香さん

ノクティプラザ新フードホールのキャラクターデザインを担当した

山崎 百香さん

多摩区在住 29歳

9月11日号

大嶋 基照さん

川崎市北倫理法人会の      新会長に就任した

大嶋 基照さん

中原区在住 49歳

9月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク