高津区版 掲載号:2015年12月25日号 エリアトップへ

50周年を迎えた川崎西ロータリークラブの会長を務める 飯島 悠光(ひろみつ)さん 飯島商店代表取締役 70歳

掲載号:2015年12月25日号

  • LINE
  • hatena

仲間と綴るクラブ半世紀

 ○…今年、設立から半世紀を迎えた奉仕団体・川崎西ロータリークラブ。市内では3番目に歴史が古く、最も会員規模の大きなクラブだ。伝統あるクラブの大きな節目の年に会長を任された。「クラブでは、たくさんの人に公私にわたりご指導いただいた。クラブに恩返ししたい気持ちで会長の職を引き受けさせてもらった。50年はあくまで通過点。支えてくれた地域の皆様に感謝したい。地元で活動しているクラブとして『ロータリークラブがあって良かった』と思ってもらえる活動をしていきたい」と気持ちを引き締める。

 ○…ロータリー活動のほかにも地域で様々な活動に携わる。二子第二町会の会長を17年間務め、今年春には川崎市自治功労賞を受賞。「長くやれば良い訳ではない」と受賞を機に後進に道を譲った。高津区民祭の事務局長や警察官友の会の会長、文教大学付属溝の口小学校校友会の会長なども歴任する。家業は大山街道沿いにある建築金物などを取り扱う「飯島商店」。創業100年以上の歴史がある店だ。看板は巨大な釜。高津区民祭や大山街道フェスタなどの会場としても地域に親しまれている。

 ○…郷土愛にあふれ地域の活動に一生懸命。その原動力は「地元で生まれ育った子どもたちに故郷だと思ってもらいたいから」という。「故郷が一番良いと思えるまちづくり」を理想に掲げ地域の住民との交流に力を入れる。「昔から住む人たちの努力と新しい住民の積極的な参加で、きっと地元愛が醸成できるはず」

 ○…仕事、地域活動で多忙な毎日。ゆっくり休む時間はほとんどない。それでも頑張れるのは、地元の仲間がいるから。「良い時も、悪い時も支えてくれる、そういう仲間が大事。今は会長として皆に支えられている。来年度は一兵卒として自分が皆を支える番」ときっぱり。様々な職種、幅広い年齢層が在籍するクラブに会長を任される理由が分かる気がする。

高津区版の人物風土記最新6

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

諏訪在住 26歳

6月14日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

川崎漁協高津地区所属 75歳

6月7日号

中川 美穂さん

どんなもんじゃ祭のチラシを制作する

中川 美穂さん

久地在住 44歳

5月31日号

大橋 雄人さん

大蓮寺の住職でユニークな仏教講座などを企画する

大橋 雄人さん

久本在住 37歳

5月24日号

谷 りりさん

「ごはんソムリエ」としてお米の美味しさを地域に広める

谷 りりさん

区内在住 52歳

5月17日号

ハキマ バトハウイさん

アラブ首長国連邦(UAE)大使館で大使室長を務める

ハキマ バトハウイさん

中原区在住

4月26日号

野村 幸平さん

今月、川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)の館長に就任した

野村 幸平さん

宮前区在住 40歳

4月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

音楽と絵本が一体に

音楽と絵本が一体に

23日、市民館でコンサート

6月23日~6月23日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その3 英 径夫さん

    6月7日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク