高津区版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

公共施設で太陽光発電へ 市民団体らが力を結集

社会

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
設立総会を終えた協議会の会員
設立総会を終えた協議会の会員

 川崎市内で太陽光発電の市民共同発電所設置に取り組む団体らが1月21日、市内の再生可能エネルギーの推進を強化しようと「川崎地域エネルギー市民協議会」(竹井斎会長)を設立した。公共施設に太陽光発電装置を設置するための仕組み作りの検討や行政へ提案などを行っていく。

 市内では、地球温暖化防止や3・11以降、市民の「脱原発」の高まりを背景に、市民団体による市民共同出資の太陽光発電装置設置の動きがあった。

 構成団体のひとつ、「かわさき市民共同おひさまプロジェクト」は、08年に川崎市国際交流センターなど、「原発ゼロ市民共同かわさき発電所」は、15年に中原区と高津区の建物屋上に市民共同太陽光発電装置を設置している。

 設立総会で竹井会長は「市内で取り組む各団体の情報や知識を共有し、地域の再生可能エネルギー事業化実現へ向けて取り組んでいきたい」と挨拶した。

 一昨年から各団体が集まり、協議会の前身となる研究会を発足。川崎地域の資源でできる再生可能エネルギーと設置場所や規模など議論を重ねてきた。研究会では、市内でできる再生可能エネルギーを屋根貸し=太陽光発電=との考えを示し、初期投資を回収する期間(最低20年)を踏まえ、建物が保存される「公共施設」への設置を活動方針の一つとして掲げた。

 竹井会長は「現在はどこの施設に設置できるか行政と情報交換を行っている。『屋根貸し』の仕組み作りなど各団体の知恵を出し合い、具体的な話を進めていきたい」と話す。

 協議会は認定NPO法人アクト川崎、かわさき市民共同おひさまプロジェクト、NPO法人原発ゼロ市民共同かわさき発電所、NPO法人川崎フューチャー・ネットワーク、マンション管理組合発電所、ミツバチの会、伊藤清美さん(麻生区クールアース推進委員会委員)の6団体1個人で構成される。

高津区版のトップニュース最新6

33年尽力、宮田会長が退任

高津防犯協会

33年尽力、宮田会長が退任 社会

新会長に大島氏

6月14日号

庭の自然生かし新企画

小黒恵子童謡記念館

庭の自然生かし新企画 文化

セミの抜け殻を学びに

6月14日号

善意のごみ拾い、3年目へ

下作延在住関口さん

善意のごみ拾い、3年目へ 社会

収集量は「キリン1頭分」

6月7日号

「子ども見守り」総がかりで

高津区

「子ども見守り」総がかりで 社会

重大事件等受け、対策強化

6月7日号

入居募集 年4回に拡充

川崎市営住宅

入居募集 年4回に拡充 社会

市、「空き部屋」活用へ本腰

5月31日号

恵みの雨で状況ガラリ

多摩川アユ釣り

恵みの雨で状況ガラリ 文化

地元漁協も安堵、明日解禁

5月31日号

再整備「県負担ゼロ」

高津合同庁舎

再整備「県負担ゼロ」 社会

建替え完了、業務始まる

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

音楽と絵本が一体に

音楽と絵本が一体に

23日、市民館でコンサート

6月23日~6月23日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その3 英 径夫さん

    6月7日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク