高津区版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

「ありがとう205系」 鉄道ファン別れ惜しむ

社会

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
最終運行を迎えた205系と発車合図を出す小川駅長
最終運行を迎えた205系と発車合図を出す小川駅長

 南武線で最後の1編成となった205系の引退走行が9日、行われた。

 205系は国鉄初の軽量ステンレス車両で、山手線や京浜東北線、中央線、横浜線などの路線で使用され、南武線には89年に投入された。

 「ありがとう運転」は、川崎―登戸間で行われ、臨時快速電車として運行された。午前10時43分に川崎駅を出発し、午前11時8分に登戸駅に到着した。

 車両の先頭と最後部には、「南武線 ありがとう205系」と描かれた感謝を労うデザインのヘッドマークが取り付けられた。

 川崎駅ではホームにある運行標識板に「南武線205系ラストラン!28年間ご愛顧いただきましてありがとうございました」とのメッセージが表示。JR東日本社員が「南武線205系ありがとう おつかれさまでした」と書いた横断幕を広げた。発車の際には小川久光駅長が合図を出し、ラストランムードを盛り上げた。

 ホームには別れを惜しむ鉄道ファンが多数詰め掛け、車両をカメラに収め、乗車した後も窓からホームを撮影する姿が見られた。特に運転士がよく見える先頭車両には多数の人が並んだ。中には始発から乗車を待っていた人もいるという。

 横浜市在住の中村浩(こう)暉(き)さん(15)は、「立川の祖父母の家に行くためによく乗っていた。無くなるのは寂しい」と話した。

6駅で写真展

 市内6駅(川崎、尻手、武蔵小杉、武蔵中原、武蔵溝ノ口、登戸)では、JR東日本の社員が撮影した南武線205系の写真が今月31日(日)まで展示されている。

高津区版のローカルニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 文化

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

「岡本かの子、知って」

高津ゆかりの歌人・小説家

「岡本かの子、知って」 文化

生誕130周年企画、再び

10月18日号

銭湯の「プラスα」次々と

銭湯の「プラスα」次々と 文化

千年温泉のサービス、話題に

10月18日号

朝鮮学校でフェス

朝鮮学校でフェス 文化

27日「食と文化味わって」

10月18日号

美術工芸人の技、今年も

高津区文化協会

美術工芸人の技、今年も 文化

市民館で「実演イベント」

10月18日号

等々力ライブ決定

SHISHAMO

等々力ライブ決定 文化

来年8月9日 中止乗り越え

10月11日号

南美(みなみ)ちゃん 手術完了

拡張型心筋症

南美(みなみ)ちゃん 手術完了 社会

「命のバトン、守りたい」

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク