高津区版 掲載号:2016年2月19日号 エリアトップへ

高津物語 連載第九三三回 「青陵岩精作『武陽玉川八景之図』」

掲載号:2016年2月19日号

  • LINE
  • hatena

 溝口丸屋鈴木七右衛門に関する史料は、文政四年(一八二一)に散失した所為か極めて少ないという。

 しかし『武陽玉川八景之図』は『光明寺と矢倉沢往還―川崎市高津区光明寺文書調査報告書』(川崎市博物館資料収集委員会)に口絵写真として収録、昭和六十二年三月に発行されている。

 江戸時代後期の『綱下げ道道しるべ」と共に「東京都世田谷区立郷土資料館蔵」に保管されている。

 他に保管している中原図書館等に伺ったり、講演等も聞いてみたが、今日に至るも判然としなかった。

 結局、自分で調べることとなって、書棚を漁った。

書庫に「青陵岩精」はなく「海保青陵」が出て来た。

 儒教の身分差別思想を徹底させたのは、海保青陵である事が明記されていた。

 海保は、篠山藩士で徂徠(そらい)学を学び、「生まれて何処へも出ず。唯一遍三十四歳の時、伊勢へ代参した他は、常時、江戸住まいだった。

寛政元年(一七八九)三十五才になって、初めて諸国を遊歴した。

 北は丹波、南は紀州、西は讃岐・備中、東は江戸から越後を結んだ国内、今日の関東・中部・近畿地方一円と中国地方では、岡山、四国は香川を範囲とする各地を旅行し見聞を広めているのである。」(『日本思想体系』第四十四巻「本多利明・海保青陵」集、岩波書店)

 『善中談』で「被差別民を、異民族で良心を持たぬものとし、名前も外国風に変えさせ、額に入れて墨をして、他の身分とまぎれぬようにせよ」と主張した、大変な保守反動と目される人物である。

 この人物が「青陵岩精」と同じ人物であるかどうかは、現在の所、不明である。

 が同一人物とすれば「武陽玉川八景之図」を書いたのは、青陵岩精三十六才であり、その後「東海道を往来にては、十遍通れり。木曽を二遍、北陸道を一遍通れり、滞りて遊べる所は三・四十か所、山へ登りて見る事、大小数百なり。」という様に東海道、中山道、北陸道沿線へ頻繁に足を運んでいて、溝口とも近い存在であると思われる。


 

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その4 加藤 孝市さん

7月19日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その3 加藤 孝市さん

7月5日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その2 加藤 孝市さん

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その1 加藤 孝市さん

6月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その4 英 径夫さん

6月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その3 英 径夫さん

6月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その4 加藤 孝市さん

    7月19日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク