高津区版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

岡本太郎美術館 「TARO賞」作品集う 23組入選、市内から2人

文化

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena
岡本太郎賞の三宅さん(32)と受賞作品
岡本太郎賞の三宅さん(32)と受賞作品

 次代のアーティストに焦点を当てる「岡本太郎現代芸術賞」(TARO賞)が今月決まり、入選作品の展示会が4月10日(日)まで、多摩区の川崎市岡本太郎美術館で開催されている。

 19回目の今回は応募作品485点のうち、24歳から72歳の23組が入選。川崎市内からは國本翼さん(中原区)、森本孝さん(多摩区)が選出。最高賞の岡本太郎賞には、都内在住の三宅感さんが選ばれた。

 三宅さんは「青空があるでしょう」と題した、紙粘土を使った壁画を制作。障害者施設で働く傍ら、約3年がかりで完成させた。第一子の誕生や身内の不幸に直面する中、人生をテーマにしてアイデアを練り「夢、母体、子供心、自我、生活、仕事、誕生と死」という7つのキーワードをつなげた。「身近で気恥ずかしい現代の根本的なテーマに向き合った」という三宅さん。「(見る人にも)そのようなことを考えるきっかけになれば」と思いを語った。

 開館は午前9時30分〜午後5時。月曜、祝日の翌日は休館。会期中、週末にパフォーマンスを不定期で企画(詳細は同館ウェブサイトに掲載)。問い合わせは【電話】044・900・9898。

高津区版のローカルニュース最新6

「本年は何事もなく平和な年に」

再犯防止に連携強化を

高津区保護司会

再犯防止に連携強化を 文化

1月24日号

「今年も氏子が中心となり盛り上げたい」

60回目の研修大会

川崎市幼稚園協会

60回目の研修大会 教育

未来の幼児教育像、講演も

1月24日号

往年の名曲を歌う

法政大学神奈川県校友会

往年の名曲を歌う 文化

参加者を募集中

1月24日号

フリーアナが講演

2月4日高津市民館

フリーアナが講演 教育

ハンセン病、性暴力の現場から

1月24日号

愛された味、37年歴史に幕

溝口初の老舗洋食店

愛された味、37年歴史に幕 文化

建て替えで1月末閉店

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月24日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク