高津区版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

だじゃれで頭の活性化 二子の「でいサロン麦」

社会

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena
だじゃれのゲームを進める鈴木さん
だじゃれのゲームを進める鈴木さん

 だじゃれで笑って頭を使おう――。こんな取り組みが高津区二子の「でいサロン麦」(吉田歌子理事長)で実施されている。同所は若年性認知症のデイサービスを行っている。

 講師は「日本だじゃれ活用協会」の代表理事で区内在住の鈴木英智佳(ひでちか)さん。

 2回目の実施となる今プログラムは22日に行われ、利用者9人が参加した。最初に行った「だじゃれクイズ」では即答する利用者もおり、和やかな雰囲気に。好きな言葉を使って五七五を作る「だじゃれ川柳」には苦戦する様子が見られたが、利用者が会心の一句を披露すると、周囲から拍手と笑いが響き渡った。この取り組みは毎月1回の頻度で開催するという。

 吉田理事長によると、だじゃれで笑うことは免疫力の向上につながり、みんなで考えることで連帯感を生む効果があるという。吉田理事長は「みんなで楽しくできることが大切」と話していた。

高津区版のローカルニュース最新6

「第81回川崎市制記念多摩川花火大会」の中止を発表

【web限定記事】

「第81回川崎市制記念多摩川花火大会」の中止を発表 社会

新型コロナの影響大きく、3年連続で

6月24日号

きょう6月24日に「鮎」を追加放流

【Web限定記事】川崎河川漁業協同組合

きょう6月24日に「鮎」を追加放流 文化

近況釣果「まずます」も、さらなる活気づくり目指す

6月24日号

多文化を学べる公開講座、参加しませんか?

区内千年の訪問看護チーム「自宅で点滴」周知強化へ

【web限定記事】

区内千年の訪問看護チーム「自宅で点滴」周知強化へ 社会

妊婦の「つわり」諸症状緩和にも

6月24日号

「新調上着(ジャンパー)」で活動に弾みを

川崎高津ロータリークラブ

「新調上着(ジャンパー)」で活動に弾みを 文化

少年消防クラブに寄贈

6月24日号

新作第二が3連覇

区少年野球連盟会長杯争奪大会

新作第二が3連覇 スポーツ

チーム一丸、一致団結

6月24日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook