高津区版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

高津物語 連載第九五五回 「『府中県道』の開通」

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena
当時の高津小学校の正門
当時の高津小学校の正門

 「府中県道」は私達の家が自主的に立ち退くことによって、溝口から久地大圦樋まで全面的に開通したことはすでに述べた。

 又、昭和十五年初頭から太平洋戦争を挟んで、昭和三十年までの実に丸十五年間、農業土木技術者平賀栄治(四八才)が、久地円筒分水の建設と平瀬川の津田山トンネル敷設、二ヶ領用水の灌漑(かんがい)工事の多摩川右岸農業水利改良事務所長を命じられて、太平洋戦争期間中も土木技師として懸命に努力した事は、今もただただ頭の下がる思いがある。

 二ヶ領用水、中野島、宿河原両取水堰改良工事、多摩川、二ヶ領用水の全手の土手を護岸コンクリート化する工事が、平賀栄治によって第二次世界大戦の最中に行われていた事実を、何度もいう様だが、決して忘れてはならない事である。

 この理由は、東条首相の持論である「米の増産」に応え、川崎の穀倉地帯である末長、上小田中、下小田中、新城、千年、子母口、久末、明津等々の水利を良くする狙いもあったろうし、そればかりか、新しく開通した「府中県道」の両側の水溝は、全面的にコンクリート護岸され、護岸前の風景とは、大きく変わったものであった。

 高津小学校は府中県道沿いに、木を植えて境とし、校門右側に「銀杏の木」が、今も健在である。

 関東大震災で校舎が倒壊した事実を受けて、瀬戸内海近くの校舎のように、中廊下を挟んで左右に一寮・二寮・三寮・四寮の校舎が並んだ。 

 四寮左校舎から新校舎に出られた。後に給食が始まるとプラタナスの木を切り倒して、「給食の調理室」が出来た。五寮右側が教員室、校長室が並び、教職員用トイレと用務員の山口さん宅、伝いに講堂、図書館に続いていた。講堂脇の校庭に「紀元二千六百年記念植樹」された記念樹「ヒマラヤ杉」が今も健在で、二宮尊徳の銅像も校庭の片隅に建っている。
 

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その1 加藤 孝市さん

6月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その4 英 径夫さん

6月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その3 英 径夫さん

6月7日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その2 英 径夫さん

5月31日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

5月31日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その1 英 径夫さん

5月24日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク