高津区版 掲載号:2016年8月26日号 エリアトップへ

高津物語 連載第九五九回 「戦時下の高津」

掲載号:2016年8月26日号

  • LINE
  • hatena

 我が家が立ち退き、府中県道は取り敢えず、久地の大圦樋(おおいりひ)までが開通した。

 農業土木技術者平賀栄治氏考案になる「円筒分水」を久地の地に定着させるには、太平洋戦争突入直前のため、大変な困難を要した。

 誰にでもはっきりと目に見える形で、公平に水を分けることが出来、水争いを丸く収める仕組みとして活期的な装置が考案された。

 『円筒分水』が完成するため【1】平瀬川の水を津田山隧道を貫いて流し【2】新設する新平瀬川堤防に沿って、多摩川に直接流すこと【3】登戸から流れて来る二ヶ領用水を、宿河原から新しく取り入れた用水と合流させ、そのまま、洪水の頻発した久地駅付近を意識的に避けて通り過ぎ、久地大圦樋に限りなく近づく。

 「鷹匠橋」を過ぎて、流れは、府中県道をトンネルで抜け「津田山」の崖下の「大圦樋」に出る。

 ここは、昔から「二ヶ領用水」が流れていた所で、両岸をコンクリート護岸して、より広く、深くなり、従来に比べて、何倍もの水量に耐えられる様になったものと思われる。

 この辺が平賀栄治への援助というか、協力と言おうか、神奈川県土木工事部の戦争直前の工事実績であり、その昔、作家田山花袋(かたい)が『東京の三十年』というエッセイで「久地の大圦樋の辺り」が私は好きだ、と書いていたが、今のようなコンクリート護岸をしても、それでも尚(なお)、好きというか、改めて聞きたいところなのだが・・・。

 昔は鬱蒼(うっそう)とした津田山の緑が覆いかぶさるように、大圦樋に下りて来ていた。

 本論に戻ろう。という訳で、平賀栄治の仕事は、随分と時間が掛かった筈(はず)であるが、津田山駅前に「日本ヒューム管川崎工場」が出来、平賀栄治を側面から後押ししたから、随分と平賀栄治は、仕事がやりやすかった筈である。

 そればかりが、「日本光学川崎工場」が、レンズ研磨のため平賀の供給する水を待ちに待ち、待ち切れずに川崎市が、平間浄水場から、南武線沿いに供水管を敷設、これが今日の「南武沿線道路」である。言い換えれば、戦中の諸施策が、今日に生き続けているという事実である。

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その3 加藤 孝市さん

7月5日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その2 加藤 孝市さん

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その1 加藤 孝市さん

6月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その4 英 径夫さん

6月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その3 英 径夫さん

6月7日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その3 加藤 孝市さん

    7月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク