高津区版 掲載号:2016年9月23日号 エリアトップへ

志高く真摯に市政へ 市政リポート【13】 本庁舎等建替基本計画について 川崎市議会議員 さいとう伸志

掲載号:2016年9月23日号

  • LINE
  • hatena

 今回はまだ、多くの方々に認識されていない川崎市役所の本庁舎建替事業についてご紹介いたします。「なぜ、今、建替するのか?」必要性等について触れてまいります。

既存庁舎の現状

 現在の川崎市役所本庁舎本館は70年以上前(昭和13年)に使用が開始され、私達の議会棟がある第2庁舎においても昭和36年竣工と50年以上が経過し、施設・設備の老朽化が進んでいるだけでなく、熊本地震の際の宇土市役所のように倒壊の恐れもあり、災害対策活動の中枢拠点としての耐震性能も満たしておりません。また、床面積の不足によって4棟の市庁舎と8棟の民間賃貸ビルの計12棟に本庁機能の分散を余儀なくされております。それにより、行政サービスの低下や庁内執行体制の非効率化だけでなく、年間10億円以上の賃貸料が発生しています。そして現庁舎は10月14日から16日に開催される「本庁舎さよならイベント」終了後の平成28年・29年に渡り、解体されることになっております。

新庁舎に求められるメリット

 新庁舎について、具体的な設計はこれからでありますが、現在の庁舎を解体した場所に、高層棟と低層棟の2棟が接続されて整備され、低層棟は、歴史的建造物である現庁舎を復元し、高層棟は116メートル、階数は確定しておりませんが、24階建てになるのではないかと言われております。

低層棟は一般に解放され、カフェや情報発信を行うスペース、官民協働の会議などに使える会議室が設置される予定で、高層棟に行政機能及び議会機能を配置するとのことです。現在、本庁機能が分散していることにより、来庁した市民や市職員が複数のビルを行き来する必要が生じていますが、集約によりそうした事態が解消され、市民サービスの向上、行政事務の効率化につながると期待されています。また、耐震性は当然の事ながら、停電時の自家発電装置、低層部の会議室を多目的防災スペースや防災関係機関の受入れの場所など、災害対策活動の中枢拠点としてもしっかり機能することが求められます。今後も議会として、建設に関する状況をしっかりと注視してまいります。

新庁舎の配置イメージ
新庁舎の配置イメージ

斎藤 伸志

川崎市高津区上作延201-101

TEL:044-982-0194

http://shinjisaitou.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載232回

「くにこ」の県庁見聞録

新年の徹夜県議会

1月15日号

身近な公園と防災機能を考える

市政報告

身近な公園と防災機能を考える

川崎市議会議員(公明党 )平山こうじ

1月15日号

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

数値でみる川崎と高津 No.68 シリーズ

300人に一人が感染徹底的なコロナ対策を

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

1月8日号

コロナ危機を乗り越える新しい社会へ

県政報告

コロナ危機を乗り越える新しい社会へ

日本共産党 神奈川県議会議員 石田和子

1月1日号

市民のより良い暮らしを求めて

市政広告

市民のより良い暮らしを求めて

日本共産党 川崎市議会議員 小堀しょうこ

1月1日号

川崎の未来へ。動く、進める。

「令和6年」市制100年 未来に残す価値 100年後も存在する価値 新春市政報告

川崎の未来へ。動く、進める。

自民党 川崎市議会議員 青木のりお

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク