高津区版 掲載号:2016年9月23日号 エリアトップへ

初代メカゴジラなど、数々の怪獣やキャラクターを手掛けてきたデザイナー 井口 昭彦さん 川崎市在住 73歳

掲載号:2016年9月23日号

  • LINE
  • hatena

デザイン一筋の人生

 ○…1960年代以降、メカゴジラ、キングシーサーなどの花形怪獣やキャラクターを手掛けてきたデザイナー。映画など作品化された数は100にも上る。「想像したものが現実化していくのが魅力。人間が着ぐるみをまとい怪獣らしさを演出していた時代。怪獣が出てくるまでの空気感とか、細部にまでこだわっていたね」。デザイナーと特撮スタッフを兼任する多忙さゆえ、自身が携わった映画を劇場で鑑賞する余裕すら無かったほど。CG映像が主体の現代を見るや、「キャラクターの動きを自在に操れ幅も広がるし、制作側は楽しいんじゃないかな」。

 ○…新潟県で過ごした小学2年の頃、描いた絵が絵画展で入賞し、六日町駅に飾られた。「今思えば、デザインに興味を持ったきっかけだったかな」。父親の仕事の都合で転校を重ね、人付き合いが苦手になったことが好転。家にこもり絵を描き続け、高校は長野県有数の進学校に進むも、絵画クラブで作品づくりに没頭した。武蔵野美大に進学すると、舞台や映画などが専門の「芸能デザイン」を専攻。「将来性はないけど夢がある。早く日本一になりたかったからね」。その気持ちは本物で、卒業式当日は特撮の現場にいた。

 ○…長男は映画カメラマンの高橋創氏。「昔は”井口の子ども”と呼ばれていたけど、今は”高橋の親父”だよ」と息子の成長に目を細める。長女もCG作品を手掛ける職に就き、次男は京都の有名料亭で修業を積んだ日本料理人。そんな職人気質の血筋は孫にも。「5歳にしてはなかなかでしょ」と、スマホに収めた孫の絵は大器の片鱗を覗わせる。

 ○…この夏公開された「シン・ゴジラ」はもちろん鑑賞した。「政治や戦争に絡めていて、子ども向けではないけど面白かった」。現役を退いた今も、怪獣の画を毎日描き続ける。「思いつきもあれば、一つの物から派生させることもあるんだ」。そんな画をまとめた本を出版することが、今の夢だ。

高津区版の人物風土記最新6

熊谷 智子さん

高津消防署の署長に就任した

熊谷 智子さん

東京都在住 56歳

4月16日号

中野 絢斗(けんと)さん

25歳以下のコミュニティ「かわさき若者会議」を立ち上げた

中野 絢斗(けんと)さん

坂戸在住 23歳

4月9日号

藤久保 正徳さん

「環境づくり」の活動が高評価を受けた明津町内会の会長を務める

藤久保 正徳さん

明津在住 72歳

4月2日号

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

第24回岡本太郎現代芸術賞で 「岡本敏子賞」を受賞した

モリソン 小林さん(本名:小林江樹)

坂戸在住 51歳

3月26日号

松本 智春さん

市立高津高校定時制の教員で、TEAM NETSUGEN(チーム ネツゲン)を主宰する

松本 智春さん

久本在勤 51歳

3月19日号

佐藤 健一さん

高津区子ども会連合会橘地区の会長を務める

佐藤 健一さん

千年新町在住 63歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter