高津区版 掲載号:2016年9月30日号 エリアトップへ

市高校奨学金 入学前の負担軽減へ 支度金3月支給、対象拡充も

教育

掲載号:2016年9月30日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市教育委員会は、経済的に苦しい生徒の高校進学を支える高校奨学金支給制度について、入学支度金の支給時期を現行の5月から入学前の3月に前倒しするとともに、対象を高校相当の学校ほぼ全部に拡充するとの方針を明らかにした。今秋申請の適用をめざす。

 市高校奨学金制度の入学支度金は、これまで入学後の進学届の確認後に支給していたが、制服や教材の購入などの費用負担は入学前にあるため、実態にあわせて前倒しする。合格通知の写しの提出により、口座に振り込み、入学後にも別途確認作業を行う。

 一方対象校の拡充は、支給認定後に進学先の学校が対象外だったと発覚し無効となる事態を避けるための措置。対象を高校相当のほぼすべてとした。

 市教委によると、申請の提出時はまだ進学先が未確定のため認定後に対象外の学校に進んでしまったり、保護者も対象外の学校があることに気付かずに、これまでは認定後に無効になるケースがあったと説明。今改正で「より学びの機会が広がる」としている。また現在、対象外で奨学金を受けていない学校の生徒も次年度から支給対象とする。

 能力があるにもかかわらず経済的理由で修学が困難な生徒に対し支給する市の高校奨学金は、入学支度金と学年資金がある。 

 入学支度金は、国公立で4万5千円、私立で7万円。募集人員は150人程度。また学年資金は国公立で1年生に年額3万6千円、2年生に6万1千円、3年生に4万6千円、私立で1年生が6万円、2年生が8万5千円、3年生が7万円を支給し、募集人員は600人程度となっている。

 今年度の総予算は4322万5千円(昨年度同額)。

 今年度の入学支度金の申請は239人(前年度217人)、学年資金は970人(同899人)。市教委では「申請は増加傾向にあるが、今回の拡充による増加は20人程度」とみている。

 市教委は10月8日までパブリックコメントを実施中。市議会12月定例会に市高校奨学金支給条例の改正案を提出。今秋に申請する生徒からの適用をめざす。

高津区版のトップニュース最新6

区内2団体が入賞

川崎市 温暖化対策表彰

区内2団体が入賞 社会

優れたエコ活動に高評価

11月8日号

令和初の栄冠、誰の手に

高校生バンド王 決定戦

令和初の栄冠、誰の手に 文化

「溝ノ口劇場」裏方で尽力

11月8日号

「川崎の歌姫」起つ

台風19号復興支援

「川崎の歌姫」起つ 社会

自身被災も“旗振り役”に 

11月1日号

交通事故死、県内最多2位

高津区

交通事故死、県内最多2位 社会

「2輪車絡み」8割

11月1日号

高津区に広がる支援の輪

台風19号

高津区に広がる支援の輪 社会

寄付や人海作戦も

10月25日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

区内に甚大な被害

台風19号

区内に甚大な被害 社会

560件浸水、犠牲者も

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ジャズ触れる夜にご招待

洗足音大

ジャズ触れる夜にご招待

50組100人に

11月29日~11月29日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク