高津区版 掲載号:2016年12月2日号 エリアトップへ

第100回久末農産物品評会の実行委員長を務める 根笹(ねざさ) 雅之さん 久末在住 51歳

掲載号:2016年12月2日号

  • LINE
  • hatena

100年の歴史、未来に継承

 ○…12月3日、4日に開かれる久末農産物品評会の実行委員長を務める。今年で100年、100回目を迎える大きな節目で大役を任された。「これまで継続してきたことを崩さないようにしたい。先輩たちが築いてきた歴史を汚さないよう頑張りたい」と抱負を語る。昨年9月、JAセレサ川崎久末支部の支部長就任と同時に実行委員長に推された。当時は「単純に100回」というだけの軽い気持ちで引き受けたのだとか。しかし全国的にも類を見ない100年の歴史。次第に周囲が盛り上がり、品評会が近づくにつれてマスコミの対応にも追われているという。「日に日に責任が増してきましたね」と苦笑い。実は12月4日が52歳の誕生日。ダブルでおめでたい日を迎える。

 ○…久末生まれ、久末育ち、代々農家の家系だ。父親の背中を見て育ち「いつかは農業の道へ」と自然に思うようになったという。海老名市の県立中央農業高校を卒業と同時に家業を手伝った。品評会は特別な行事。「自分の作った野菜の評価は難しい。入賞した作品を見て『これ以上のものを作りたい』と野菜づくりの励みになる」。久末の野菜づくりのレベルは市内でもトップ。これまで大きな賞の受賞はないが「いつかは入賞したい」と闘志を燃やす。減農薬にこだわり、冬はキャベツや大根、ネギ、ブロッコリー、夏はトマトやキュウリなど年間20種類もの野菜をつくる。

 ○…趣味はゴルフ。自分では「たしなむ程度」と謙遜するが、腕前を知る人からは「相当上手い」とのこと。先輩から誘われ、最初は嫌々大会に参加していたが「負けず嫌いな性格」。自己流で腕を磨いた。

 ○…「畑があるから美味しいものが食べられる。地域の皆様に迷惑かけることも多いが農業にご理解いただき、見守っていただきたい」。当たり前のように積み上げてきた100年。これからも、この先もまっすぐに野菜を作り続けていく。

高津区版の人物風土記最新6

清田 敦史さん

高津小学校「おやじの会」会長を務める

清田 敦史さん

溝口在住 45歳

8月16日号

山本 さちこさん

子ども支援を手掛けるかわさき市民団体「Ship」(シップ)代表を務める

山本 さちこさん

北見方在住 49歳

8月9日号

オキ・ジュンコさん(本名:中西淳子さん)

溝口の商業施設内にあるゴミ処理施設のイメージ刷新に尽力したイラストレーター

オキ・ジュンコさん(本名:中西淳子さん)

川崎区在住 43歳

8月2日号

小林 康人さん

ストーンアート作家で夏休み工作講座の講師を務める

小林 康人さん

下野毛在住 81歳

7月26日号

谷崎 美貴さん

絵本の読み聞かせグループ「たかつあおむしの会」の代表を務める

谷崎 美貴さん

新作在住 

7月19日号

村田 俊一さん

今春、高津区役所橘出張所の所長に就任した

村田 俊一さん

千年在勤 58歳

7月5日号

持田 稔さん

高津消防団の第12代団長に就任した

持田 稔さん

下作延在住 65歳

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その3 青山 昭久さん

    8月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク