高津区版 掲載号:2016年12月16日号 エリアトップへ

高津署管内 高齢者事故の割合増 免許返納数、2年前の1.8倍に

社会

掲載号:2016年12月16日号

  • LINE
  • hatena

 全国で実施されている「年末交通事故防止運動」の初日となる12月11日、溝口駅キラリデッキで関係団体や高津警察署員が交通ルール順守とマナー向上を呼びかけた。同署によると区内の事故発生件数は昨年より減る見込みだが、死亡事故件数が増えている。「年末は事故が多発するので特に注意が必要」と呼びかけている。

 高津警察署によると、今年1月1日から12月12日までの人身事故発生件数は465件(前年同日比19件減)、死亡事故件数は3件(同1件増)。内訳は高齢者(65歳以上)134件(同6件増)、自転車109件(同21件減)、二輪車149件(同11件減)、子ども33件(同17件減)となっている。

 事故件数は、5年前と比較すると減少しているが、内訳に変化が見られる。自転車事故の割合は、31・9%から今年は23・4%と減少する一方、高齢者事故の割合は25%から今年は28・8%になる。

 また、今年発生した死亡事故3件全てに高齢者が関連し、うち2件は75歳以上の運転者が起こしたものだ。同署は「全国同様に、区内でも高齢者事故の割合が増えている」と話す。

 同署によると、運転免許証の返納数は14年300件、15年399件、今年は525件(11月末時点)と年々増加している。特に、横浜市の高齢者ドライバーによる死亡事故が起きた10月末以降、返納者の数が増えているという。

 「『駐車する時によく擦るようになった』『立て続けに違反をしている』など運転機能の衰えに自分自身や家族が気づいて、今後の運転について考えてほしい」と同署は呼びかける。

 同署は区役所などと連携をしながら、高齢者事故注意啓発を行っていくという。

高津区版のトップニュース最新6

地元愛、醸成の起爆剤に

ダンス聖地「溝口」

地元愛、醸成の起爆剤に 文化

19日、高津区初のイベント

1月17日号

救急出動 30年で2・5倍

川崎市

救急出動 30年で2・5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

「未来の高津」実現に向けて

「未来の高津」実現に向けて 政治

高梨区長が抱負語る

1月10日号

獅子舞で正月風情再現

子母口4町会

獅子舞で正月風情再現 文化

囃子保存会メンバー尽力

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

「目標は往路優勝、総合3位」

国学院大

「目標は往路優勝、総合3位」 スポーツ

歴史を変える挑戦へ

1月1日号

親子2代の善意で「継続」へ

高津区社協移送サービス事業

親子2代の善意で「継続」へ 社会

区内企業が車両を寄贈

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

  • 「悔いなき人生」目指す

    新春インタビュー【2】

    「悔いなき人生」目指す

    プロドラマー 島居 里帆さん

    1月1日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク