高津区版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

自治功労賞高津区 2会長が選ばれる 地域活動、防災に尽力

社会

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena
内田会長(右)と宇佐美会長
内田会長(右)と宇佐美会長

 地域住民の福祉や住民自治の振興発展に貢献した町内会・自治会長に贈る「川崎市自治功労賞」の受賞者がこのほど発表され、区内からは新作第五自治会会長の内田義一さんと下作延中央町内会会長の宇佐美善愛(よしちか)さんが選ばれた。

近所交流のきっかけに

 内田会長は2003年8月に新作第五自治会の会長に就任。07年度から橘地区連合自治会理事を務め、同会副会長、高津区全町内会連合会理事の役を担う。高津区明るい選挙推進協議会副会長や高津防犯協会常任理事など、様々な分野で活動している。

 内田会長は「地域の方、諸先輩、関係者の方、家族にご協力やご意見を頂いたおかげで受賞できた。活動してきたことが認められ非常に嬉しい」と喜びを語る。

 新作第五自治会を運営する上で特に注力したのは「自治会への加入促進」、「ゴミ出し分別指導」、「月1回の防犯パトロール」の徹底。「住んだ以上はここが故郷と思ってもらえるように。そのために必要な『近所付き合い』のきっかけを自治会が率先して作っていくことが大切」という。

安全、安心の提供を

 宇佐美会長は05年度に下作延中央町内会長に就任。高津地区連合町内会会計監査、高津区全町内会連合会理事、川崎市全町内会連合会理事も務めている。

 「会長を務めて11年、福祉や災害時に助け合う住民自治に取り組んできた。関係する行政、区連の役員の方、下作延地区や町内会役員の皆様に深く感謝申し上げたい」と宇佐美会長。

 宇佐美会長は、現在、高津区自主防災組織連絡協議会常任理事を務める。15年には、町会独自の取り組みとして、災害時に地域住民が迅速に安否を発信する「無事ですタオル」を製作。地域の防災活動に尽力している。「これからは町内会の必要性を把握し、加入率が50%を超えるような取り組みを展開していかなくてはならない。そのために、町内会が日頃から住民と近所付き合いをする事が大切」と今後の抱負を話した。

高津区上作延539-5 

誠実に、お客様に満足いただける良いものをつくる

http://www.choei-k.co.jp

<PR>

高津区版のトップニュース最新6

今秋、区内を会場に開催

子どもの権利条約フォーラム

今秋、区内を会場に開催 社会

実行委発足は夢パークで

5月7日号

「ジオラマ」1年がかりで

地元老人会「最勝会」

「ジオラマ」1年がかりで 文化

逆境に挫けず、活動に爪痕

5月7日号

ミャンマーに届け「匠の技」

生け花師範中野香静さん

ミャンマーに届け「匠の技」 文化

「最後の教え子」育成に全力

4月30日号

「帰宅支援場所」機能向上へ

子母口「橘公園」

「帰宅支援場所」機能向上へ 社会

改修整備、作業大詰め

4月23日号

環境配慮した改修完了

区内久地「まえだTEQ」

環境配慮した改修完了 社会

一般開放の公園も整備

4月23日号

「溝劇」と強力タッグ

NPO法人「ダンス ラボラトリー」

「溝劇」と強力タッグ 文化

コロナ禍、活動の幅に期待

4月16日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter