高津区版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

川崎市 救急の出場8年連続増

社会

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市消防局はこのほど、2016年中の救急出場状況を公表した。昨年1年間の川崎市内の救急出場件数は6万8439件(前年比2614件増)で、8年連続増加。搬送人員数とともに過去最多を更新した。

 救急出場件数の内訳は、急病が4万1768件(前年比2068件増)、一般負傷は9133件(同比325件増)、交通事故は3886件(同比33件減)となっている。市内には27台の救急車が配備されているが、昨年は1日平均187件、約7分42秒に1件の割合で救急出場が発生している。

 8年連続で救急出場の件数が増えていることについて、市の消防局は高齢化に伴い、65歳以上の高齢者の体調悪化などでの要請が増えていることが一因とする。また、市の人口が増え続けていることに伴った増加もあるのではとみている。

救急車の適正利用呼びかけ

 また、以前から指摘されている救急車の適正利用については、いまだに大幅な改善が見られていないという。2016年中の救急出場件数と搬送人員数の差である不搬送件数は8502件で、5年連続増加。その大半が対象者が搬送を辞退したもの。

 例えば「酔っぱらっていただけにも関わらず、周りの人が心配して救急車を呼んでしまった」というケースなどが挙げられる。実際に搬送されたケースでは「病院に行きたいけど足がない」、「どこの病院に行けばいいか分からない」などといった理由で救急車を呼んでしまったという事例が見られる。

 市では救急車の適正利用を呼びかけている。川崎市救急医療情報センター(【電話】044・222・1919)では24時間体制で医療機関を紹介しており、交通手段がない場合にはタクシーや民間救急車の案内も行っている。
 

高津区版のローカルニュース最新6

等々力ライブ決定

SHISHAMO

等々力ライブ決定 文化

来年8月9日 中止乗り越え

10月11日号

南美(みなみ)ちゃん 手術完了

拡張型心筋症

南美(みなみ)ちゃん 手術完了 社会

「命のバトン、守りたい」

10月11日号

歩いて魅力、体感して

大山街道

歩いて魅力、体感して 文化

学習講座の参加者募集

10月11日号

「インフルエンザ」最新情報

「インフルエンザ」最新情報 社会

10月29日 (火) 桜木町で講演会

10月11日号

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう 文化

その場で撮影、写真進呈

10月11日号

自主返納 高津でも増加

運転免許

自主返納 高津でも増加 社会

県市と民間 独自策に注力

10月11日号

ハシゴめし、「想像以上」の人出

ハシゴめし、「想像以上」の人出 文化

開始早々、売り切れ続出

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その2 山田 義太郎さん

    9月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク