高津区版 掲載号:2017年2月17日号 エリアトップへ

創刊15周年を迎える雑誌「arc」で編集長を務める 東郷 禮(れい)子さん 千年在住 71歳

掲載号:2017年2月17日号

  • LINE
  • hatena

執筆に込める強固な意志

 ○…「世界のグランドデザインを読者と共に構想できる雑誌をつくりたい」と2001年に友人と出版社「レイライン」を設立。翌年、雑誌「arc」を発刊し、今年で15周年を迎える。

 〇…政治や宗教にとらわれず、毎号自分たちが決めたテーマで特集を組み、取材対象者に手紙を送って直談判するのがこだわりだ。「誰でも臆することなく話を聞きたいと思った人物に依頼する」がモットーで、国外ではヒラリー・クリントン氏やマイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏にも何のつながりもない中で取材を依頼してきた。「ヒラリーは実際に許可がおりたのよ。最終的に時間の都合で紙面に登場できなかったけど」と白い歯を見せる。

 〇…生まれは山形県。小学校入学時に川崎へ。大師河原の殿町小学校から大師中学校に進み、県立川崎高校へ。幼い頃から本の虫で、文学書や哲学書が好みだった。「父に連れられて山谷のドヤ街に行ったり、小さい頃から社会のいろいろな面を見てきたから当時から問題意識は高かった」。そんな中、転機となったのは高校2年の秋。ヘルマン・ヘッセの人生観、哲学に触れ、「ベルトコンベアーのような人生は自分に相応しくない」と一念発起。高校を中退し、500円の所持金のみで2年間の全国放浪の旅へ出た。住み込みのバイトで旅費を稼ぎ、時には神社の軒下で寝たり、着ていたコートを500円で売ったことも。「でも、辛いことはなかった。何より、どうやっても生きていけるという自信がついた」と事もなげに笑う。そして放浪の旅から戻ってからは働きながら執筆活動に本腰を入れ、24歳の時に『つちかわれた狂人』でかわさき文学賞を受賞した。

 〇…その後57歳で出版社を設立するまでは長い葛藤の時期だった。「でも、私は自分が納得できない生き方はできないから。意志強固ね」。その生き方が雑誌「arc」の誌面によく表されている。

高津区版の人物風土記最新6

小黒 俊子さん

40年以上にわたり主婦目線からの「住みよい街づくり」を標榜する

小黒 俊子さん

諏訪在住 70歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

石塚 靜さん

LED技術を用いて高津区内で桜のライトアップを手掛ける

石塚 靜さん

中原区在住 75歳

3月20日号

水島 涼太さん

俳優として、一人芝居「看取り」を溝ノ口劇場で初めて上演する

水島 涼太さん

多摩区在住 68歳

3月13日号

柏木 靖男 さん

千年町会会長を務め、川崎市自治功労賞を受賞した

柏木 靖男 さん

千年在住 78歳

3月6日号

宮寺 貞文さん

「高津区市民健康の森を育てる会」の会長を務める

宮寺 貞文さん

久地在住 72歳

2月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その3 高品千鶴子さん

    4月3日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その2 高品千鶴子さん

    3月27日号

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.2  「塗装業者選びの判断基準」とは?【1】

    3月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク