高津区版 掲載号:2017年2月17日号 エリアトップへ

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載208回 「くにこ」の県庁見聞録 100周年記念祝賀会

掲載号:2017年2月17日号

  • LINE
  • hatena

(司会)2月10日は黒岩祐治県知事を祝賀会に迎えて、くにこさん、嬉しそうでしたね。

(くにこ)はい、久末生産支部は農産物品評会を毎年開催していて昨年12月で100周年を迎えたんです。100年ですよ!戦争もあった、関東大震災もあった、様々な試練があったはずなんですね。それでも単独生産支部で品評会を継続してきた、その久末の方々の意地と根性と心意気を知事に訴えて、地域の視察と祝賀会への出席を、切にお願いしたんですから。

(司会)なるほど、それで知事が来られたんですね。

(くにこ)はい、黒岩知事は、トマトハウスの視察中も熱心に質問されていましたし、ハウスの隣に建設中の矢上川地下トンネル遊水池ポンプ場についても、感心しながら説明を聞いておられました。

(司会)では、くにこさんは 知事の視察にも立ち会われたんですね。

(くにこ)そりゃそうです。矢上川の洪水を防ぐ為に遊水トンネルを建設する県の事業は、私が建設委員長を拝命した時に決定した、300億円以上の予算をかける大きな事業です。でも私がアドバイスしなければ、知事は久末100周年記念祝賀会にだけ出席してお帰りになっていましたよ。

(司会)知事視察の内容をくにこさんが変更されたということですか?

(くにこ)変更ではなく、充実させたんです。知事に縦割り行政の枠を超えて事業をできるだけ見てもらう、これは大変重要な事です。

 大都会川崎に、高津に、久末を始めとする都市農業が累々と営まれている事、地産地消を実現している事を、また、洪水を防ぐ遊水池も農家の方々の土地提供があって、建設可能になったという事を、知事だけではなく、多くの方々に知ってもらいたい!ものです。

神奈川県議会議員 小川くにこ

川崎市高津区久本2‐7‐34

TEL:044-865-1313
FAX:044-888-3600

http://www.kinet.or.jp/seseragi/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

感染症拡大に備える〜「基本」の徹底を

数値でみる川崎と高津 No.59 シリーズ

感染症拡大に備える〜「基本」の徹底を

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月3日号

新年度予算―財政力はトップなのに福祉は平均以下

市政報告

新年度予算―財政力はトップなのに福祉は平均以下

日本共産党 川崎市議会議員 むねた裕之

3月27日号

誰もが安心して暮らせる川崎へ!

市政報告

誰もが安心して暮らせる川崎へ!

川崎市議会議員(公明党) 春たかあき

3月27日号

水害対策、早急な取り組みを

市政報告

水害対策、早急な取り組みを

日本共産党 川崎市議会議員 小堀しょうこ

3月27日号

新型コロナウイルスの影響による中小企業向け対策資金の拡充へ

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊾

新型コロナウイルスの影響による中小企業向け対策資金の拡充へ

川崎市議会議員 さいとう伸志

3月27日号

ICTで加速する市民と行政の情報共有

市政報告

ICTで加速する市民と行政の情報共有

川崎市議会議員(公明党 )平山こうじ

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その3 高品千鶴子さん

    4月3日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第10話 その2 高品千鶴子さん

    3月27日号

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.2  「塗装業者選びの判断基準」とは?【1】

    3月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク