高津区版 掲載号:2017年2月24日号 エリアトップへ

生田緑地 新ロゴで魅力発信 自然や各施設、一つに

社会

掲載号:2017年2月24日号

  • LINE
  • hatena

 多摩区の生田緑地を川崎市の観光資源として広く発信しようと、市が新しいブランドロゴ・メッセージを作製した=写真。2月から使用を始め、緑地のウェブサイトやパンフレット、催しのチラシを通じて広報に活用していく方針だ。

 デザインは葉1枚をモチーフにした従来のロゴを踏まえ、3枚に一新。葉の緑は「日本民家園」、青は「かわさき宙と緑の科学館」、赤は「岡本太郎美術館」を表現。ロゴ左側から緑、青、赤の並びには、東口ビジターセンターから生田緑地内を歩いた際、3施設に出会う順序という意味を持たせている。

 生田緑地整備事務所は「2020年の東京五輪に向けて、外国人客も増えていく。多彩な施設があることを、広い視野で伝えていきたい」としている。

高津区版のローカルニュース最新6

幅広い世代が協力

幅広い世代が協力 社会

高津南RCの献血運動

5月20日号

キャッシュレス納付推進へ

川崎北税務懇話会

キャッシュレス納付推進へ 社会

北税務署と連携、周知図る

5月20日号

3年ぶり「ホタル観賞会」

たちばなふれあいの森

3年ぶり「ホタル観賞会」 文化

27日から3日間、19時半頃〜

5月20日号

県華道展 18年ぶり市内で

県華道展 18年ぶり市内で 文化

23団体267点を展示

5月20日号

途上国にランドセルを

西高津中

途上国にランドセルを 教育

同校「おやじの会」が企画

5月20日号

宇都宮と準決勝、今年も

バスケB1川崎

宇都宮と準決勝、今年も スポーツ

あすから ホーム等々力で

5月20日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook