高津区版 掲載号:2017年2月24日号 エリアトップへ

川崎市議会議員 いわくま ちひろ 連載No.91 市の行財政改革はどこに? 民主みらい川崎市議団

掲載号:2017年2月24日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市より2017年度当初予算(案)が示されました。なぜ、(案)なのかというと、行政が議会に提出してきた予算(案)は、現在進行中の予算議会を経て3月下旬を目途に議会が承認するしくみになっているからです。市民生活と密接な関わりのある一般会計の予算は、過去最大の7088億円で、前年度を上回る最大規模を更新し続けています。

 家庭の家計と同じで、入りのお金(歳入)と出のお金(歳出)がアンバランスであっては自治体の財政も成り立ちません。私が特に取り組んでいるのが「行財政改革」です。分かりやすく言うと、税のムダを省いたり事業仕分けをすることです。

 行財政改革については、前市長下では明確な数値目標を掲げ量的改革(職員の削減など)を行ってきましたが、現市長下では、質的改革に移行した結果、定量的な検証は困難で前例踏襲的な継続事業ばかり散見されるようになりました。

 予算案の説明書では「全会計で41億円の財政効果を確保した」とありますが、民間委託や市民負担を求めるものまで含まれており市内部の自助努力で生み出した効果は曖昧です。

 また、昨今、国では役人の天下りが問題になっていますが、川崎市と出資法人との随意契約や市OBの役員ポストへの固定化など解決すべき行財政改革はいまだ山積しています。

 東芝による巨額の損失が問題になっていますが、組織の硬直化や怠慢はすなわち業績へ直結します。組織改革を含む市の行財政改革にこれからもメスを入れて行きます。
 

川崎市議会議員 岩隈千尋

高津区版の意見広告・議会報告最新6

犯罪は増えている?

数値でみる川崎と高津 No.86 シリーズ

犯罪は増えている?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月6日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載236回

「くにこ」の県庁見聞録

女性支援新法

4月15日号

ブースター接種は必要?

数値でみる川崎と高津 No.85 シリーズ

ブースター接種は必要?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月1日号

「市内の木材利用促進」について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 67

「市内の木材利用促進」について

川崎市議会議員 さいとう伸志

3月25日号

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

数値でみる川崎と高津 No.84 シリーズ

「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

3月25日号

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

市政報告

防災まちづくり「川崎モデル」構築に向けて

公明党川崎市議会議員団 平山こうじ

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook