高津区版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

南武線武蔵溝ノ口駅 エコステはじまる 国内駅初の水素システムも

経済

水素システムをバックにテープカットで祝う関係者ら
水素システムをバックにテープカットで祝う関係者ら

 JR南武線武蔵溝ノ口駅が、駅導入日本初となる自立型水素エネルギー供給システムなど環境保全技術を導入した「エコステ」モデル駅としてリニューアルし、4月17日に福田紀彦市長らを招いて式典を行った。福田市長は「普段から利用する駅に最先端の技術が導入されたことで、多くの方に身近に感じてもらえたら」と期待を寄せた。

 今回のリニューアルの目玉は「自立型水素エネルギー供給システム」の導入。一緒に設置した太陽光パネルによる電気で水を分解し、水素を貯蔵タンクに貯めて燃料電池で発電するため、水素製造時に二酸化炭素を排出しない。水と太陽光のみで稼働できるので、災害時にも安定的にエネルギーを供給することができる。また平常時は、電力をホーム上の照明に供給し、お湯は待合スペースに設置するウォームベンチを温めるために使用される。

 今回のリニューアルは、JR東日本横浜支社が2015年に川崎市と締結した包括連携協定に基づくもの。南武線沿線の駅の中で、乗降客数や設置スペースの有無などで武蔵溝ノ口駅が選ばれた。

 式典であいさつした同社の渡利千春支社長は「南武線は川崎の発展とともに歩んできた。これからも川崎市と協力し、人とまちと鉄道の更なる発展を図っていきたい」と話した。
 

高津区版のトップニュース最新6件

区内から8人受賞

市青少年健全育成功労者

区内から8人受賞

2月16日号

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

76歳、「真の鉄人」へ

カワサキSC堀内さん

76歳、「真の鉄人」へ

2月9日号

週605人 区内で倍増

インフルエンザ

週605人 区内で倍増

2月2日号

信号機に「円筒分水前」

高津青年会議親睦会

信号機に「円筒分水前」

2月2日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

合計300歳超えの歌声

グルービー・グランパーズ

合計300歳超えの歌声

18日、高津区で記念公演

2月18日~2月18日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三三回 「高津町の近代化」

    高津物語

    2月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三ニ回 「多摩川大洪水の後」

    高津物語

    2月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク