高津区版 掲載号:2017年4月28日号 エリアトップへ

高津消防団の団長に就任した 森 勝夫さん 久末在住 72歳

掲載号:2017年4月28日号

  • LINE
  • hatena

「何事にもひた向きに」

 ○…今年で創立70周年を迎える高津消防団の第11代団長にこの4月から就任した。団長交代式では、河原金藏前団長から団旗を引き継ぎ、「130人の団員とともに、地域の安全・安心のために一生懸命働いていきたい」と決意を語った。

 ○…高津区久末で代々農家を営む家系に生まれ育つ。夏場は朝4時、冬でも5時には畑に入る生活を続けて60年。「やっぱり今でも収穫の時期は嬉しいね。手を掛けた分、野菜はちゃんと応えてくれる」と笑顔で語る。味や品質に定評があり、昨年100回を迎えた久末農産物品評会。自身が農作業に使う小屋にはこれまで品評会で評価された数々の表彰状が並ぶ。「おかげさまで久末の農業には若い跡継ぎも多く、積極的に新しい品種に取り組むなど心強い。この地域の伝統として、ぜひ今後も都市農業のモデルとしても頑張ってほしい」と目を細める。

 ○…農業を営みながら、消防団に入団したのは33歳の時。「当時、この地区の分団長をしていた叔父に誘われて断れなくて」と笑うが、先輩や同僚の団員たちとの懇親は「農家をしていただけでは出会えなかった様々な業種の人々から学ぶ機会を頂いた」と懐かしそうに語る。けれども、消防団の出動は昼夜を問わず、時には仕事より優先しなければならない時もある。作業小屋にも防火服などを用意し、いつでも備えを忘れない。「これまで悲しい事故や火事に何度も直面してきた。なくすことは難しいが、地域に一番身近な自分たちが1分でも早く現場に到着することで、少しでも役に立てたら」。

 ○…農作業に加え、消防団や農業協同組合など忙しい日々の息抜きはゴルフ。「下手の横好き」と謙遜するが、今でも月1度は仲間とコースに出向くという。また、今の楽しみは再建の進む久末神社。囃子連の代表として「はやく例大祭でお囃子を披露したいね」。静かな語り口ながら、優しさのこもった笑顔で語った。

高津区版の人物風土記最新6

森 繁昭さん

今春、高津区老人クラブ連合会会長に就任した

森 繁昭さん

下野毛在住 75歳

6月21日号

松下 彩花さん

4月のオープンウォータースイミングアジア選手権10Kmの部で優勝した

松下 彩花さん

諏訪在住 26歳

6月14日号

井田 政男さん

多摩川の「アユ釣り」年間の釣果10,000匹を目指す

井田 政男さん

川崎漁協高津地区所属 75歳

6月7日号

中川 美穂さん

どんなもんじゃ祭のチラシを制作する

中川 美穂さん

久地在住 44歳

5月31日号

大橋 雄人さん

大蓮寺の住職でユニークな仏教講座などを企画する

大橋 雄人さん

久本在住 37歳

5月24日号

谷 りりさん

「ごはんソムリエ」としてお米の美味しさを地域に広める

谷 りりさん

区内在住 52歳

5月17日号

ハキマ バトハウイさん

アラブ首長国連邦(UAE)大使館で大使室長を務める

ハキマ バトハウイさん

中原区在住

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク