高津区版 掲載号:2017年5月12日号
  • googleplus
  • LINE

高津区保護司会の会長に4月に就任した 越水 詞郎さん 下作延在住 72歳

「あきらめずに寄り添いたい」

 ○…犯罪や非行をした人の更生を支援する保護司に就いて21年。現在も担当を受け持ち、面談を通して社会復帰のサポートをする。面談する時はまず初めに「一緒に社会復帰をしていこう」と伝えることを信条とする。「犯罪者という目では見ない。監視ではなく、支援」。だからこそ、全国で見られる再犯者率の高さに危機感を募らせる。「重要なのは就労支援。雇用協力をしてくれる企業との情報共有をさらに強化していきたい」と、会長として課題に取り組む決意を語る。

 ○…51歳の時、保護司を定年で退いた義父の後を引き継ぐ形で入会した。「サラリーマン務めだったし、できるか不安だったけれど、父の姿を見ていたので抵抗はなかったね」という。中には再犯を繰り返す人もいた。面談するたびに力不足を痛感し、やるせない気持ちになったが「あきらめることはなかった」という。「更生してもらいたい、何とかしてあげたいという思いだけ」と、誠実に向き合う。街で会ったときに「『ちゃんとやってますよ』と、向こうから挨拶してくれた時はやっぱり嬉しい」とそれが原動力となっている。

 ○…父親が鉄道関連の仕事に就いていた関係で中国蘇州に生まれた。終戦後、日本に引き揚げ、愛媛県久万で少年時代を過ごす。「山奥だから雪の深いまちだった」と久万が原風景だ。駅長を務めていた父親にこっそり「道後温泉行」の電車に乗せてもらい、寒い日は家族で温泉に浸かった。「道後温泉は湯冷めをしないんだよ」と柔らかく笑う。

 ○…趣味は「ボクシング観戦」と、穏やかな印象とは一転、意外な一面も。好きな選手は6階級制覇王者のマニーパッキャオ。「体は小さいけどガッツがあってスカッとする。あの闘志に憧れるね」とニコリ。溝口へ来て40数年。青少年指導員や町会、川崎西ロータリクラブの活動で地域のつながりは広い。忙しい日々を送るが「最優先は保護司会」と静かに闘志を燃やす。

高津区版の人物風土記最新6件

川瀬 典宏さん

川崎青年会議所の第68代理事長に就任した

川瀬 典宏さん

1月12日号

金(こん) 幸雄さん

北見方の布団店で働きながら、伝統的な凧を作り続ける

金(こん) 幸雄さん

1月5日号

大野 龍太郎さん(本名 賢司)

色彩美術魚拓家として来年NHK放送センター内でアート魚拓展を開催する

大野 龍太郎さん(本名 賢司)

12月22日号

中村 俊彦さん

地域のイベントでバルーンアートを披露する

中村 俊彦さん

12月15日号

大金 まどかさん

11月の第56回電話応対コンクール全国大会で、優秀賞を受賞した

大金 まどかさん

12月8日号

宮崎 翔子さん

保育士で、「第2回水戸黄門漫遊マラソン」女子の部で優勝した

宮崎 翔子さん

12月1日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大学院生が集大成を披露

洗足音大

大学院生が集大成を披露

1月18日から7日間

1月18日~1月26日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二八回 「街道の高層化」

    高津物語

    1月12日号

  • 高津物語

    連載第一〇二七回 「数学恐怖症」

    高津物語

    1月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク