高津区版 掲載号:2017年5月19日号
  • LINE
  • はてぶ

東京大学都市情報学の研究員でシンジョーまちなカレッジの学長を務める 小俣 博司さん 末長在住 53歳

「無理せず、楽しみながら」

 ○…「緩くつながったコミュニティを作って、一人ひとりが街のことを考えてほしい」。そんな思いから始まった「シンジョーまちなカレッジ」の学長を務める。この企画は市民活動をする人が「先生」となって、興味のある市民に教える仕組みのことで、自分の地域を知り、好きになるきっかけ作りを目指す。「まちの未来はみんなが作る。素材をどんどん投げて」と語る。

 ○…本業は東京大学で都市情報学の研究員として都市の将来をシミュレーションによって調べている。その傍らで「まちなカレッジ」や大山街道に関わる事柄をウィキペディアに書き込む「ウィキペディア街道プロジェクト」を行っている。また、川崎ならではのコミュニティ作りや地域課題の解決を進める「オープン川崎」の活動にも携わる。

 ○…現在は末長に居を構えるが、元は中原区上丸子の出身で、親から継いだ町工場を営んでいた。24歳でIT系の中小企業に移った後、独立起業。さらに数年間のフリーランスを経て、外資系IT企業に入った。ここで誰でも自由に利用できる情報、オープンデータというアイデアに出会い、それを基礎にしたシミュレーション技術に携わるようになる。その後、メガネ産業で有名な福井県鯖江市で日本初のオープンデータ技術の推進実験に関わった。シミュレーションで見た将来のメガネ産業の斜陽は、当時の鯖江市の市長と共に日本の将来に危機感を抱くきっかけとなった。こうした経験は現在の研究にも結び付いている。また、「まちなカレッジ」でもオープンデータ技術を駆使し、人々を結びつける。

 ○…本業の研究員に加えてこれだけ多彩な活動に関わりながらも、疲れたそぶりは全く見せない。むしろ「趣味をしているとき、疲れますか」と逆に尋ねられた。仕事と趣味の境目がない。「無理をしない、楽しみながらをモットーに」活動を続けている小俣さんは始終楽しそうに話していた。

高津区版の人物風土記最新6件

村野 正明さん

今年で制度開始から半世紀、県社会保険労務士会川崎北支部の支部長を務める

村野 正明さん

10月12日号

北沢 仁美さん

国際交流センターのセンター長を務める

北沢 仁美さん

10月5日号

金子 あかねさん

今年3月から不登校の子どもを持つ保護者を支援するセミナーなどを開催する

金子 あかねさん

9月28日号

元沢 伸夫さん

バスケB1「川崎ブレイブサンダース」運営会社の社長として、初シーズンに挑む

元沢 伸夫さん

9月21日号

紅谷 加津江さん

平成30年全国栄養改善大会で、栄養改善事業功労者の厚生労働大臣表彰を受賞した

紅谷 加津江さん

9月14日号

森 清行さん

今春から高津区PTA協議会の会長に就任した

森 清行さん

9月7日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大人のための理科教室

大人のための理科教室

県立川崎図書館で無料講座

10月20日~10月20日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇六五回手描友禅、石渡弘信氏

    高津物語

    10月12日号

  • 高津物語

    連載第一〇六四回「紺屋」

    高津物語

    10月5日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク