高津区版 掲載号:2017年6月2日号 エリアトップへ

伊東隼汰君 世界大会へ 競泳100m自由形 日本代表に

スポーツ

掲載号:2017年6月2日号

  • LINE
  • hatena
世界ジュニア選手権への切符を手にした伊東君
世界ジュニア選手権への切符を手にした伊東君

 梶ヶ谷在住でサギヌマスイミングクラブ鷺沼に所属する伊東隼汰君(17)=早稲田大学高等学院3年=が8月に米インディアナポリスで開催される競泳・世界ジュニア選手権100m自由形の派遣選手に選出された。

 世界ジュニア選手権の出場をめざす伊東君は、4月に愛知県で開かれた日本選手権水泳競技大会に出場。惜しくも世界ジュニア選手権の派遣タイム49秒90に0・1秒届かなかった。

 東京辰巳国際水泳場で開催される「ジャパンオープン2017」が世界ジュニア選手権へのラストチャンス。伊東君は大会初日の5月19日、男子自由形100mに出場。予選で49秒76の自己ベストで泳ぎ派遣タイムを突破し、世界ジュニア選手権出場の切符を手にした。伊東君は「素直に嬉しいです」と笑顔で大会を振り返る。

 幼稚園からサギヌマスイミングクラブ鷺沼に通う伊東君。中学1年生で全国大会に初出場し、中3で全国大会3位に。小学生では背泳ぎ、個人メドレーも泳いだが、中学生から自由形に専念。188cmの身長を活かしたストロークの大きい泳ぎが持ち味だ。 

 伊東君を中学1年生から5年半指導している小池忠昭ヘッドコーチは「彼の泳ぎは間違いなく日本のトップレベル。世界ジュニアに挑戦するレベルまで来るとは思っていた。まだまだ可能性を秘めているので楽しみ」と話す。

 世界ジュニア選手権は米インディアナポリスで8月23日〜28日に開催される。伊東君は「外国人は泳ぎが早い。予選を勝ち抜き、決勝の舞台に立ちたい」と抱負を語る。
 

高津区版のトップニュース最新6

創立50周年、地域と共に

久末小学校

創立50周年、地域と共に 教育

記念式典に多数の来賓

11月15日号

多摩川の景観取り戻せ

アマゾン川崎FC

多摩川の景観取り戻せ 社会

台風被害受け、市民と協働

11月15日号

区内2団体が入賞

川崎市 温暖化対策表彰

区内2団体が入賞 社会

優れたエコ活動に高評価

11月8日号

令和初の栄冠、誰の手に

高校生バンド王 決定戦

令和初の栄冠、誰の手に 文化

「溝ノ口劇場」裏方で尽力

11月8日号

「川崎の歌姫」起つ

台風19号復興支援

「川崎の歌姫」起つ 社会

自身被災も“旗振り役”に 

11月1日号

交通事故死、県内最多2位

高津区

交通事故死、県内最多2位 社会

「2輪車絡み」8割

11月1日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク