高津区版 掲載号:2017年6月2日号 エリアトップへ

おやじの会2団体 ランドセル途上国へ 中学生から寄付募る

社会

掲載号:2017年6月2日号

  • LINE
  • hatena
ランドセルを渡す西高津中の生徒
ランドセルを渡す西高津中の生徒

 高津小学校おやじの会と西高津中学校おやじの会はNGO団体ジョイセフと協力し、高津小で5月27日に使い終わったランドセルの寄付を中学生から募った。当日は40個集まり、貧困家庭の子どもの就学を促すためアフガニスタンに贈られる。この取り組みは区内初だ。

 「今の子どもが大人になるころには今よりもっと外国人と関わる機会が増えている。今回のイベントで日本が海外に比べて恵まれた環境にあることを知ってもらえれば」。そう話すのは高津小おやじの会会員の飯沢知久さん。東南アジアなど海外と関わる仕事を通して、恵まれた環境にある日本は海外により貢献すべきだと考えていた。そんな中、2年前につくば市でのPTAの研修で、ある小学校が使い終わったランドセルを集め、途上国に贈っていることを知る。そこで高津小でもこれをやろうと、おやじの会で提案。西高津中おやじの会とジョイセフの協力も得て、西高津中学校の生徒を対象に今回のイベント開催に至った。

 当日は生徒や保護者38人が参加。生徒の一人、2年生の吉川裕樹さんはランドセルを20分ほど磨いてから来た。元々途上国支援に関心があり、この日も「使い終わったランドセルが役に立つなら」との思いで参加した。高津小おやじの会会長の清田敦史さんは今回ランドセルを寄贈した生徒に対し、「何でも最初の一歩を踏み出すのは難しいが、届けに来てくれてうれしいです」と語った。同会はこの取り組みを今後も続けていくつもりだ。

 妊産婦の健康状態や学力向上を目指すジョイセフはこの取り組みを2004年から始め、今までに17万個以上のランドセルをアフガニスタンに届けている。届いたランドセルは貧困家庭の親が子どもを学校に通わせるきっかけになっているという。

 イベントを終え、飯沢さんは「最初は10個も集まらないのではないかと心配したが、結果的に多くのランドセルが集まって驚いたと同時にやって良かったと思いました。次回は他の中学校にも声をかけられればと思います」と語った。
 

高津区版のトップニュース最新6

区内2団体が入賞

川崎市 温暖化対策表彰

区内2団体が入賞 社会

優れたエコ活動に高評価

11月8日号

令和初の栄冠、誰の手に

高校生バンド王 決定戦

令和初の栄冠、誰の手に 文化

「溝ノ口劇場」裏方で尽力

11月8日号

「川崎の歌姫」起つ

台風19号復興支援

「川崎の歌姫」起つ 社会

自身被災も“旗振り役”に 

11月1日号

交通事故死、県内最多2位

高津区

交通事故死、県内最多2位 社会

「2輪車絡み」8割

11月1日号

高津区に広がる支援の輪

台風19号

高津区に広がる支援の輪 社会

寄付や人海作戦も

10月25日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

区内に甚大な被害

台風19号

区内に甚大な被害 社会

560件浸水、犠牲者も

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ジャズ触れる夜にご招待

洗足音大

ジャズ触れる夜にご招待

50組100人に

11月29日~11月29日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その4 河原 定男さん

    11月8日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その3 河原 定男さん

    11月1日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その2 河原 定男さん

    10月25日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク