高津区版 掲載号:2017年6月2日号 エリアトップへ

プロバスケBリーグ 川崎 初代王者ならず 互角の攻防、栃木に惜敗

スポーツ

掲載号:2017年6月2日号

  • LINE
  • hatena
田臥選手(右)と司令塔対決を繰り広げた篠山選手
田臥選手(右)と司令塔対決を繰り広げた篠山選手

 プロバスケットボール「Bリーグ」1部のチャンピオンシップ決勝が5月27日に東京・国立代々木競技場で行われ、中地区1位の川崎ブレイブサンダースは、東地区1位の栃木ブレックスに79―85で惜敗。リーグ開幕元年を飾る初代王座を獲得できなかった。

 観客1万144人を集めた頂上決戦は、今季49勝11敗でレギュラーシーズン勝率1位の川崎と、日本人唯一のNBA(米プロバスケ)プレー経験者の田臥勇太選手(36)が主将を務める強豪栃木の対決になった。

 川崎は主将の篠山竜青選手(28)を起点に得点を重ね、第3クオーターを終え63―59の4点リードで最終クオーターへ。ラスト残り1分台まで1点差を争ったが、失点を重ねて6点差で試合終了を迎えた。

 川崎の北卓也ヘッドコーチ(45)は「栃木ファンが圧倒的に多くて人気のあるチームだなと感じたが、負けたのは私の責任」と振り返り、「リーグとチームを盛り上げるために、選手たちは1年間本当によくやってくれた」と感謝を込めた。

 篠山選手は「田臥さんに『まだまだ甘いよ』と言われているような試合になった。勝負所で(自分は)パスミスをしたが、田臥さんは得点につながるプレーを選択していた。チームを勝利に導けるポイントガードに成長したい」と語った。

 多摩区から訪れた石垣謙一さん(56)は「(川崎は)チームとして安定していた。この力を引き継いで来季も頑張ってほしい」と激励。新潟県から応援に駆けつけた福嶋沙也佳さん(30)は「川崎はリーグで一番チームワークがいいと思う。来季こそ優勝してほしい」と胸中を語った。
 

優勝セレモニーを見つめる選手ら
優勝セレモニーを見つめる選手ら

高津区版のローカルニュース最新6

「マイナンバーカード」交付数 急増

【Web限定記事】

「マイナンバーカード」交付数 急増 社会

前年同月比3・5倍に

7月17日号

多摩川河川敷を遊び場に

多摩川河川敷を遊び場に 文化

市民団体がプレーパーク

7月10日号

7年連続上昇、堅調に推移

2020年分路線価

7年連続上昇、堅調に推移 経済

「駅東口広場通り」市内首位

7月10日号

「夢の記録」重ね600回

「夢の記録」重ね600回 スポーツ

地元ゴルファー、偉業再び

7月10日号

新体制がスタート

新体制がスタート 社会

区内RC・LC役員

7月10日号

途上国支援 来年見据え

途上国支援 来年見据え 社会

チャリティーカット中止

7月10日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 「くにこ」の県庁見聞録

    小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載229回

    「くにこ」の県庁見聞録

    コロナと共に

    7月17日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月17日号

お問い合わせ

外部リンク