高津区版 掲載号:2017年6月30日号 エリアトップへ

高津物語 連載第一〇〇二回「大山街道の医療機関」

掲載号:2017年6月30日号

  • LINE
  • hatena

 古く「矢倉沢街道」は大山阿夫利神社の参拝道と呼ばれ、江戸赤坂御門から、相模内陸部を横断して、富士山麓御殿場を経て、静岡県吉原で東海道と合流する。

 「大山道」は大山阿夫利神社への信仰の道、古くは「青山街道」「相模街道」とも呼ばれた。足柄、御殿場地方では「冨士(登山)道」とも呼ばれ、富士山信仰の登山道があった。

 古文書に「矢倉沢往還」が散見してくるのは、文化三年(一八〇六)の『日光社(日光東照宮)參寄人馬役免除願』が初見と云われる(「南足柄市史資料編」)。これが手元の『オオカミの護符』を書かれた著者、小倉実恵子さんのお住まい、宮前区土橋に伝えられた古文書に紹介されている。

 土橋村の「御岳講」は、寛保二年(一七四二)には、もう既に行われていて、古老から「雪の中を草鞋履きで御嶽山に詣でたこともあった」ことが、書かれている。「暴れん坊将軍」の徳川吉宗の時代である。

 小倉さんは「御岳講」は「心の拠り所として、切実な願いをもって行われてきたものに違いない。以来、幾度の変遷を経ながら二七〇年程の長きにわたり、御岳講は続けられて来ている」と書いている。「種蒔きの直前に行く御岳講の道中に、経験の深い大人たちが天候を占い、どんな種をどのように蒔けばいいか、日照りの時や冷害の時に、どんな対処をしたらよいか」等を教えてくれたという。

 南足柄よりも六十年も早いのは、土橋がそれだけ、開拓が進んでいたからだといえると思われる。

 この時代、「雨乞い」は相模の大山、冷害は上榛名山、作付けは武州御岳山、と決まっていて、それぞれに信仰する講があった。

 講に参加する理由は農民にとって「今年は長雨か、それとも日照りか」の問題が直接、農作物の豊作か、凶作かに結びついていて気象に左右される事が、多かった。そのため、その年の天候を考慮して、作付けをするために、神に縋らざるを得なかったのだが、本当の所は、家族全員の健康祈願が根底にあった筈だ。

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その4 加藤 孝市さん

7月19日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その3 加藤 孝市さん

7月5日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その2 加藤 孝市さん

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その1 加藤 孝市さん

6月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その4 英 径夫さん

6月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その3 英 径夫さん

6月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その4 加藤 孝市さん

    7月19日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク