高津区版 掲載号:2017年8月4日号
  • googleplus
  • LINE

西高津中男子バレー部 18年ぶり関東大会へ 心繋ぎ、接戦制す

スポーツ

県大会銅メダルを手にする選手たち
県大会銅メダルを手にする選手たち
 第69回神奈川県中学校バレーボール大会が7月30日に行われ、西高津中学校男子バレー部が3位入賞を果たして関東大会へ出場することが決まった。同部の関東大会出場は18年ぶり3度目。6日から始まる同大会に向け、主将の田中響弥選手(3年)は「全国出場を目指す」と意気込む。

 部員数24人の同部はチームスローガンに「心を繋げ」を掲げ、「辛い状況から頑張る強さをつけよう、気持ちでつなごう」と練習を重ねてきた。

 その底力が発揮されたのは関東大会出場がかかる準々決勝の綾北(綾瀬市)戦。フルセットにもつれ込む熱戦の最終セットは21対24で相手のマッチポイントに。

 しかし、選手たちは諦めなかった。田中選手は「粘り強く勝負するのが自分たちのバレー。焦らないように」とみんなに声をかけ、ウィングスパイカーで攻撃の要のひとり、小椋一輝選手(2年)は「ミスを怖がって引いたプレーをしたらおしまいだ」と思い、積極的に攻めた。そして怒濤の攻撃による連続得点で大逆転を納め勝利をもぎとった。田中選手は「信じられないくらい嬉しかった。思わず涙がでた」と喜びをかみしめた。

 大野勝弘監督(33)は「準々決勝は、選手たちの気持ちが勝った結果。応援に駆け付けてくれた保護者やOB、川崎地区の他校の先生や選手など皆さんに後押ししてもらった」と話す。

 前回の関東出場は、同部OBでもある大野監督の世代が果たしたもの。「母校で監督としても関東に行ける、こんなに嬉しいことはない。選手の頑張りに感謝したい」とも話す。

 8月6日から群馬県で開催される関東大会は一都七県から32チームが出場する。上位8位に入り、同部初の「全国出場」を目指す。

高津区版のトップニュース最新6件

区内から8人受賞

市青少年健全育成功労者

区内から8人受賞

2月16日号

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

76歳、「真の鉄人」へ

カワサキSC堀内さん

76歳、「真の鉄人」へ

2月9日号

週605人 区内で倍増

インフルエンザ

週605人 区内で倍増

2月2日号

信号機に「円筒分水前」

高津青年会議親睦会

信号機に「円筒分水前」

2月2日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

合計300歳超えの歌声

グルービー・グランパーズ

合計300歳超えの歌声

18日、高津区で記念公演

2月18日~2月18日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三三回 「高津町の近代化」

    高津物語

    2月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三ニ回 「多摩川大洪水の後」

    高津物語

    2月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク