高津区版 掲載号:2017年8月18日号 エリアトップへ

越冬隊松下さん 南極エコ生活を語る 9月10日  市民館で講演会

文化

掲載号:2017年8月18日号

  • LINE
  • hatena
松下さんと講演会のポスター
松下さんと講演会のポスター

 川崎市地球温暖化防止活動推進センターは9月10日(日)に同センターに所属する松下隼士さん(34)による「南極の生活」と題した講演会を高津市民館で開催する。松下さんは2013年11月から14年3月の夏隊員と14年12月から16年3月の越冬隊員の計約2年間を南極で過ごした経験を持つ。

 松下さんは以前、国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)で研究観測の技術員を務めていた。ここでは大気中の二酸化炭素量を観測するなどし、これが地球温暖化など環境問題に興味を持つきっかけになったという。

 しかし13年度の南極地域観測隊夏隊の公募を見つけた時、「見たことのないものを見たい」と好奇心が湧き立ち、応募。選考に見事合格した。

限られた資源での生活

 南極での経験で印象に残っているのは、オーロラの美しさや、ペンギンの様々な表情で、「自然の素晴らしさを感じた」と松下さんは話す。一方、暮らしで実感したのは資源の有限性だった。基地に食料や燃料などの物資が届くのは年1回で、ゴミも出せない。いつしか限られたもので楽しむことを覚え、正月にはドラム缶で除夜の鐘を作った。そんな生活を松下さんは「究極のエコ生活」と呼ぶ。

 松下さんは「講演では自然の素晴らしさだけでなく、資源の大切さも伝えたい」と話す。講演は10時30分から12時。入場無料。申込み先着40人は来館またはウェブ(www.cckawasaki.jp/kwccca)にて受付中。問い合わせは同センター【電話】044・813・1313へ。

高津区版のローカルニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 文化

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

「岡本かの子、知って」

高津ゆかりの歌人・小説家

「岡本かの子、知って」 文化

生誕130周年企画、再び

10月18日号

銭湯の「プラスα」次々と

銭湯の「プラスα」次々と 文化

千年温泉のサービス、話題に

10月18日号

朝鮮学校でフェス

朝鮮学校でフェス 文化

27日「食と文化味わって」

10月18日号

美術工芸人の技、今年も

高津区文化協会

美術工芸人の技、今年も 文化

市民館で「実演イベント」

10月18日号

等々力ライブ決定

SHISHAMO

等々力ライブ決定 文化

来年8月9日 中止乗り越え

10月11日号

南美(みなみ)ちゃん 手術完了

拡張型心筋症

南美(みなみ)ちゃん 手術完了 社会

「命のバトン、守りたい」

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第6話 その1 河原 定男さん

    10月18日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク