高津区版 掲載号:2017年8月25日号 エリアトップへ

高津署管内ふり込め詐欺 件数、前年比の2.8倍 被害額も前年総額超える

社会

掲載号:2017年8月25日号

  • LINE
  • hatena
区内での過去4年間の詐欺発生状況
区内での過去4年間の詐欺発生状況

 高津警察署(飯塚明署長)によると、管内で今年発生している振り込め詐欺の件数が昨年同期と比べ約2・8倍に上り、件数、被害額共に過去最悪の2013年に迫るペースであることが分かった。同署では振り込め詐欺に対する注意喚起を引き続き行っている。

 今年に入って区内で発生した振り込め詐欺は、8月20日現在で25件となっており、前年同期比で16件のプラスになっている。また被害総額も3700万円を超え、現時点で昨年1年間での被害総額のほぼ倍になっている。一方、県内では認知件数は同日時点で1237件と前年同期と比べて1・7倍以上増えているが、被害総額は2億円以上減の約24億円で、区内での被害規模の拡大が目立っている。

新たな手口が一因か

 高津署は管内での増加の詳しい原因は究明中としながらも、今年に入って振り込め詐欺の主な手法が変わったことに一因があると見ている。関係者によると、3月までは役所の職員を装ってお金が戻るなどと語る還付金詐欺が多かったが、5月からはキャッシュカードを狙った詐欺が増えているという。主な手口は、デパートなどの職員を装い「キャッシュカードが不正に使われる危険がある」と騙し、後日警察などを装った別人がカードを取りに来るというもの。また、息子などを装ったオレオレ詐欺も一定の被害が続いているという。

 一方、区内では阻止の件数も伸びており、前年は累計で18件のところ、今年はすでに33件に上っている。また同署には今年に入って毎日1件以上、詐欺発生の問合せが来ているともいう。

 同署では引き続きキャンペーンなどを通じ、注意を呼びかける。10月には中原署と合同で武蔵新城駅周辺での啓発イベントを予定しているほか、同月を特殊詐欺対策月間としてATM前で見張りに立つとしている。

 同署の関係者は「1回目では騙されなくても、それで安心して3、4回目で騙される人もいる。詐欺の手口には色んなパターンがあるので、お金に関わる話には十分注意してほしい」と注意を喚起している。息子を名乗り「鞄を無くした」といった嘘で金銭を要求するなどの具体的な事例を把握するだけでなく、電話でお金の話をされた場合にはまず疑うことが必要だという。

高津区版のトップニュース最新6

税収減56億、補てんへ

川崎市ふるさと納税

税収減56億、補てんへ 政治

推進本部発足 「返礼品に力」

6月21日号

「地区割り」大幅見直し

区民生委員改選

「地区割り」大幅見直し 社会

大型集合住宅、単体地区に

6月21日号

33年尽力、宮田会長が退任

高津防犯協会

33年尽力、宮田会長が退任 社会

新会長に大島氏

6月14日号

庭の自然生かし新企画

小黒恵子童謡記念館

庭の自然生かし新企画 文化

セミの抜け殻を学びに

6月14日号

善意のごみ拾い、3年目へ

下作延在住関口さん

善意のごみ拾い、3年目へ 社会

収集量は「キリン1頭分」

6月7日号

「子ども見守り」総がかりで

高津区

「子ども見守り」総がかりで 社会

重大事件等受け、対策強化

6月7日号

恵みの雨で状況ガラリ

多摩川アユ釣り

恵みの雨で状況ガラリ 文化

地元漁協も安堵、明日解禁

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク