高津区版 掲載号:2017年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

高津区 「町内会・自治会ずかん」発行 学生と協働で地域支える人紹介

社会

冊子はA5版フルカラー、34ページ
冊子はA5版フルカラー、34ページ
 高津区がこのほど、日本女子大学の学生と協力して町内会・自治会の活動を紹介する冊子「高津区を支える人たち。」を発行した。区では「女学生たちが半年間かけて町内会・自治会の方々を取材し、魅力を伝えています。学生ならではの視点を楽しんでいただきながら、地域の皆さんの活動により関心を持つきっかけになれば」と話している。

 冊子「高津区を支える人たち。高津区町内会・自治会ずかん」はA5版フルカラーの34ページ。自治会長や子ども会、民生委員など地域で活動する17団体を大きな写真とインタビュー形式で紹介している。

 これは、区の地域コミュニティ施策推進事業の一環で行われたもので、区と一緒に製作に携わったのは日本女子大学薬袋(みない)研究室の学生6人。同研究室ではこれまでも区と一緒に同事業に携わり、地域の古地名や地形を学ぶリーフレット作りやイベントを実施してきた。

 今回の冊子では、地域の町内会・自治会がどのような活動をしているのかを知ってもらうために実際に地域で活動する17人を約半年かけて取材。子ども会の水野伊佐夫さんの紹介では、「義理と人情-近所のおやじ」とのタイトルに「一見コワモテだけど、子どもたちへの愛情たっぷりであたたかい」という書き出しなど、学生が感じた印象を交えて伝えている。学生のひとり、鈴木美咲さんは「沢山の方に取材させてもらえて気づきや出会いを得られました。メンバーと試行錯誤したものが成果物として形にできてよかったです」と笑顔で語る。

 発行は1万5千部。区役所1階で無料配布され、今後は橘出張所や市民館、図書館など区内公共施設でも配布される。区では「ぜひ多くの方にご覧いただき、改めて高津区の人々の魅力を知っていただけたら」を話している。

薬袋准教授と学生たち
薬袋准教授と学生たち

高津区版のトップニュース最新6件

「在宅」強化 29施設増へ

川崎市高齢者ケア

「在宅」強化 29施設増へ

1月19日号

高津区から2会長

市自治功労賞

高津区から2会長

1月19日号

前年比3倍超に急増

高津区詐欺被害額

前年比3倍超に急増

1月12日号

いのち輝く社会 実現を

黒岩知事インタビュー

いのち輝く社会 実現を

1月12日号

病床数、在宅医療に重点

かわさき保健医療プラン

病床数、在宅医療に重点

1月5日号

防災と地ケアに重点

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大学院生が集大成を披露

洗足音大

大学院生が集大成を披露

1月18日から7日間

1月18日~1月26日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二九回 「高津町の転換」

    高津物語

    1月19日号

  • 高津物語

    連載第一〇二八回 「街道の高層化」

    高津物語

    1月12日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク