高津区版 掲載号:2017年9月22日号
  • googleplus
  • LINE

街の魅力を飲食店が発信 梶バル3日間で950人

文化

梶バルでチケット販売をする様子
梶バルでチケット販売をする様子
 溝口駅や二子新地駅など、区内で駅周辺の飲食店がイベントを開催し、地域を盛り上げている。

 梶が谷駅周辺では、飲食店のはしごイベント「梶バル」が9月5日、6日、7日に開催され、3日間で述べ950人が参加飲食店を訪れた。今回3回目の開催となったチケット販売数は過去最多の350組。前回より90組増えている。

 同実行委員長の阿部嘉司郎さんは「開催前、初めて駅前でチラシ配布を行ったことが販売数の伸びにつながった」と話す。「配布数は2300枚。大体の人が受けとってくれた」と笑みを見せる阿部さん。3回開催し、地域への浸透を実感しているという。

 梶バルに3度参加するシラハト商店の関口桂司さんは「参加することで店を知ってもらえる。また、お客さんが喜ぶイベントなので、参加できることはお店として嬉しい」と話す。

 阿部さんは「梶が谷駅周辺の飲食店の良さを知ってもらいたいと始めたイベント。梶が谷の魅力を知るきっかけを今後も発信していきたい」と話す。

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

合計300歳超えの歌声

グルービー・グランパーズ

合計300歳超えの歌声

18日、高津区で記念公演

2月18日~2月18日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三三回 「高津町の近代化」

    高津物語

    2月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三ニ回 「多摩川大洪水の後」

    高津物語

    2月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク