高津区版 掲載号:2017年9月22日号 エリアトップへ

仕事の楽しさ、厳しさ学ぶ 東高津中で職業体験

教育

掲載号:2017年9月22日号

  • LINE
  • hatena
お茶の入れ方を学ぶ生徒たち
お茶の入れ方を学ぶ生徒たち

 東高津中学校1年生の生徒4人が9月14日、大山街道沿いのお茶とはかりの「田中屋」で働く意義を学ぶ職業体験を行った。

 通常は2年生で行われることの多い職業体験だが、同校では早い時期に経験をと毎年1年生の時期に実施している。今年も学校周辺の商店や工場、図書館、消防署など約40カ所が協力し、186人の生徒を出迎えた。

 田中屋を訪れた4人はまず、1760年創業の同店の歴史や、お茶とはかりの歴史・種類などについて説明を受けた。

 はかりでは、昔は「貫」という単位を使っていたことや、おもり分銅を動かして重さを図る「さおばかり」の実演に興味深くメモを取っていた。お茶では、以前はこの地がお茶の産地だったことを聞き、実際にお茶の入れ方にも挑戦。美味しいお茶を入れるために湯を直接急須に注ぐのではなく、「湯さまし」を使って適温にすること、各湯のみに濃淡が出ないように少しずつ順番に回し注ぐことなどを楽しみながら学んだ。

 そして、事前に同店について調べた生徒たちから「この仕事のやりがいは何ですか」「接客で気を付けていることは」といった質問が寄せられ、「働くのに必要なことは」というするどい問いに店主の鈴木清さんは「仕事に対する誇りと想い、そして笑顔だね」と答えた。同校では「地域の皆さんの協力のおかげで生徒たちが貴重な体験ができた。実際に働く人の姿を見て、話を聞くことで彼らの将来の職業選択に役立てば」と語る。同店の鈴木千鶴さんは「生徒たちみんな熱心に聞いてくれた。今日の経験が働くことや、お茶という日本の大切な文化に興味を持つきっかけになれば」と笑顔で語った。

高津区版のローカルニュース最新6

「寄席」で元気届け

「寄席」で元気届け 文化

11月27日に高津市民館

10月23日号

医療従事者の「面目躍如」

医療従事者の「面目躍如」 社会

咄嗟AED蘇生に表彰状

10月23日号

ひと編みに成長の願い込め

あみあみの会

ひと編みに成長の願い込め 文化

児童に毛糸作品を寄贈

10月23日号

「映える」風景を投稿

「映える」風景を投稿 文化

フォトコン作品募集

10月23日号

3次販売、窓口に行列

じもと応援券

3次販売、窓口に行列 経済

4日間で22万冊販売

10月23日号

自身初の「リサイタル」

川崎の歌姫・桜井純恵さん

自身初の「リサイタル」 文化

11月1日(日) 高津市民館大ホール

10月23日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク