高津区版 エリアトップへ

2017年9月の記事一覧

  • 高津物語

    連載第一〇一三回

    高津物語

    「岡家歴代記」

     久本の旧家、岡家の歴史を今に伝える記録が『岡家歴代記』で、岡家初代は岡東栄と云い、享保四年(一七一九)に長崎からやってきて、本名を緒方、俗名は岡姓を...(続きを読む)

    9月22日号

  • 投票率UPにサンダース

    市選管

    投票率UPにサンダース 政治

    川崎市長選

     川崎市選挙管理委員会は、10月22日投開票の市長選挙と市議選川崎区補欠選挙のメインキャラクターにバスケBリーグ「川崎ブレイブサンダース」の起用を決めた。ポスタ...(続きを読む)

    9月22日号

  • 「区民会議」休止へ

    川崎市

    「区民会議」休止へ 社会

    来年度中に方針示す

     地域課題の解決に向け、区民主体で協議する「区民会議」を来年休止すると川崎市が公表した。休止時期は活動中の第6期委員が任期満了になる来年3月と6月で、区ごとに異...(続きを読む)

    9月22日号

  • のべ87事業所に報奨

    健幸福寿プロジェクト

    のべ87事業所に報奨 社会

    市、普及へ周知強化

     介護サービス利用者の要介護度等を改善した事業所に報奨金を出し、介護給付費の増加を抑える「かわさき健幸福寿プロジェクト」で、川崎市は要介護度の改善など1年間で一...(続きを読む)

    9月22日号

  • 田中 實さん

    川崎商議所高津支所主催の経営革新セミナーで講師を務めた

    田中 實さん

    (株)グリーンテクノ代表取締役 69歳

    静電気に着目し全国シェア ○…静電気に特化した技術で全国から注目を集めるグリーンテクノが区内子母口にある。従業員約20人と...(続きを読む)

    9月22日号

  • 夢叶え続ける81歳

    夢叶え続ける81歳 社会

    百瀬江子さん

     イキイキと夢を語る姿からは今年82歳を迎える女性だとはとても思えない。下作延でおはぎ専門店「ももすず」を営む百瀬江子さんは夢を叶え続けている。...(続きを読む)

    9月15日号

  • 王座奪還へ新体制

    バスケB1サンダース

    王座奪還へ新体制 スポーツ

    荒木社長ら決意語る

     プロバスケットボール男子「Bリーグ」1部の川崎ブレイブサンダースは8月31日、シーズン開幕に向け新体制発表会を東芝小向体育館(幸区)で開いた。...(続きを読む)

    9月15日号

  • 哲学と頑固さを表現した車

    光岡自動車

    哲学と頑固さを表現した車

    貫く美学「我流」=「ガリュー」

     自動車業界の”ファッションリーダー”とも評される(株)光岡自動車。創業から約半世紀、性能や利便性ではなく、自由な発想でデザイン性を重視した、遊び心溢れるファッ...(続きを読む)

    9月15日号

  • 給食に市内産野菜

    給食に市内産野菜 教育

    JAセレサ川崎が初荷式

     セレサ川崎農業協同組合(JAセレサ川崎・原修一代表理事組合長)は9月3日、農産物大型直売所のセレサモス宮前店で川崎市中学校給食初荷式を開いた。...(続きを読む)

    9月15日号

  • 子どもの権利知って

    子どもの権利知って 社会

    啓発団体が発足

     子どもがありのままに生きられる社会を目指す市民団体「かわさき子どもの権利フォーラム」(山田雅太代表)が8月20日に発足した。発足に当たり同団体は同日に下作延の...(続きを読む)

    9月15日号

  • ラオスで日本流簿記を伝授

    川崎商工会議所

    ラオスで日本流簿記を伝授 経済

    経済発展の礎に

     川崎商工会議所(山田長満会頭)は8月21、22日、ラオス商工会議所(オデット・スヴァンナヴォン会頭)、財務省財務総合政策研究所の3者共催で、ラオスで簿記セミナ...(続きを読む)

    9月15日号

  • 身近になった白内障手術

    身近になった白内障手術

    かやま眼科クリニック

     目の中の水晶体が白く濁る白内障。早い人は40代から、80代では大部分の人に見られるありふれた目の病気の一つだ。 「白内障は、点眼薬で進...(続きを読む)

    9月15日号

  • 嚥下(えんげ)リハビリ最前線と乳がんについて学ぶ

    嚥下(えんげ)リハビリ最前線と乳がんについて学ぶ

    予約不要 帝京大溝口病院が無料講座

     今年5月に移転新規開院した帝京大学医学部附属溝口病院(冲永惠津子院長)が10月1日(日)、川崎市市民健康デーの一環として「第12回帝京からだ塾」を高...(続きを読む)

    9月15日号

  • 職人からものづくりを学ぶ

    9月24日

    職人からものづくりを学ぶ

    てくのかわさき技能フェスティバル

     川崎の産業と市民生活を支える職人の卓越した技を実感できる「てくのかわさき技能フェスティバル2017」が9月24日(日)、川崎市生活文化会館(てくのかわさき)で...(続きを読む)

    9月15日号

  • 明るい遺影撮影

    写真のたなかや

    明るい遺影撮影

    終活 長寿お祝いで撮影料0円〜

     いま終活の一環として、遺影写真を生前に撮影する人が増えている。決まった形はなく「自分の好きな写真」を遺すことが主流だとか。大山街道沿い「写真のたなかや」では現...(続きを読む)

    9月15日号

  • 童謡と唱歌で健康に

    童謡と唱歌で健康に 文化

    10月から 参加者募集

     大山街道沿い岩崎酒店2階のギャラリー糀で10月から「童謡と唱歌の会」が始まり、現在参加者を募集している。 「歌って楽しく健康のために」...(続きを読む)

    9月15日号

  • 地元音楽家の手作りコンサート

    地元音楽家の手作りコンサート 文化

    10月8日 市民プラザ

     「第5回わがまちふれあいコンサートin梶が谷」が10月8日(日)、市民プラザふるさと劇場で開かれる。 梶ヶ谷周辺地域で活動する音楽家や...(続きを読む)

    9月15日号

  • 学芸員と歩く大山街道

    学芸員と歩く大山街道 文化

    10月4日、11日 要予約

     専門家の解説を聞きながら大山街道を歩く「宮前・高津歴史ウォーキング」が10月4日(水)と11日(水)に行われる。高津区と宮前区が主催。...(続きを読む)

    9月15日号

  • 「傾聴」学んで地域参加

    「傾聴」学んで地域参加 社会

    全6回講座 てくのかわさき

     市とNPO法人かわさき創造プロジェクトは、10月から始まるシニア傾聴講座の参加者を募集している。 この講座は、傾聴技術を学び、地域で活...(続きを読む)

    9月15日号

  • 高津物語

    連載第一〇一二回

    高津物語

    「逢えてよかったね ―小原孝と逢える街―」

     小原孝作詞曲 「逢えて良かったね 少しだけ遠回りしたけれど...(続きを読む)

    9月15日号

  • 転入者子育て交流会

    転入者子育て交流会 社会

    区役所保健ホールで

     高津区に転入してきた子育て中の親子向け交流会「ホッとこそだてinたかつ」が10月2日・6日・13日に区役所保健ホールで行われる。参加無料。...(続きを読む)

    9月15日号

  • 若き才能が奏でる

    若き才能が奏でる 文化

    ミューザ川崎で無料演奏会

     川崎市と神奈川新聞社主催で9月30日(土)、全国の地方新聞社が開催する音楽コンクールの入賞者が集う無料演奏会「交流の響き2017」がミューザ川崎シンフォニーホ...(続きを読む)

    9月15日号

  • 中原堰の歩み 一冊に

    中原堰の歩み 一冊に 文化

    市民研究会 10年越し活動

     その昔、暴れ川だった平瀬川と中原に用水を引いていた中原堰。今はないこれら水路の研究をまとめた冊子「平瀬川の研究―中原堰百周年記念誌」が市民研究会により完成した...(続きを読む)

    9月15日号

  • より良い「保育の質」求めて

    より良い「保育の質」求めて 文化

    保護者、保育士らが勉強会

     待機児童や保育士の待遇などが社会問題となる中、市民団体「川崎市保育問題交流会」が8日、「保育の質」をテーマにした勉強会をてくのかわさきで開いた。...(続きを読む)

    9月15日号

  • 新施設 犬猫収容2倍に

    市動物愛護センター

    新施設 犬猫収容2倍に 社会

    10月中旬着工、移転へ

     高津区蟹ヶ谷から中原区平間に移転する川崎市動物愛護センターの再整備を、市が10月中旬から開始する。9月議会の審議を経て着工の見込み。新施設は来年12月に完成し...(続きを読む)

    9月15日号

  • STEEZ(スティーズ)さん(本名 津雲 勇太)

    川崎区で開催、世界最高峰のブレイクダンス・バトル『Red Bull BC One』の日本代表に決定した

    STEEZ(スティーズ)さん(本名 津雲 勇太)

    高津区在住 30歳

    人と人をつなぐ感覚に夢中  ○…8月6日に川崎ルフロンで開かれた、世界最高峰ブレイクダンス・...(続きを読む)

    9月15日号

  • プロが伝授するもめない相続

    参加費無料セミナー

    プロが伝授するもめない相続

    武蔵小杉で9月17日 定員30人

     TKC全国会川崎支部所属の税理士が講師を務める『相続セミナー』が9月17日(日)、武蔵小杉ユニオンビル(中原区小杉町3丁目264の3)を会場に開催さ...(続きを読む)

    9月8日号

  • 小児矯正、早く始めれば抜歯は避けられる?

    『知っておきたい矯正治療のポイント』 シリーズ2

    小児矯正、早く始めれば抜歯は避けられる?

    宮崎台やすい矯正歯科クリニック

     宮崎台やすい矯正歯科クリニックの安井正紀院長に聞く「知っておきたい矯正治療のポイント」第2弾。 今回は2つ目の誤解、『早く始めれば抜歯...(続きを読む)

    9月8日号

  • 天候不順なんのその

    天候不順なんのその 文化

    梨・ぶどう品評会を開催

     川崎市は市農業技術支援センター=多摩区=で9月1日に梨・ぶどう品評会後期の部を開催した。 当日は「豊水」や「あきづき」など梨90点と、...(続きを読む)

    9月8日号

  • 熊本支援へ10万円を寄付

    睦高津連合会

    熊本支援へ10万円を寄付 社会

    福田市長が感謝状贈呈

     高津区の神輿団体などが所属する「睦高津連合会」(平山政勝会長)が熊本地震被災者支援として川崎市に10万円の寄付を行い、8月31日に市役所で福田市長から感謝状が...(続きを読む)

    9月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク