高津区版 掲載号:2017年10月20日号 エリアトップへ

神社の歴史や作法学ぶ 久地小児童が課外授業で

教育

掲載号:2017年10月20日号

  • LINE
  • hatena
宮司の話に熱心にメモを取る児童ら
宮司の話に熱心にメモを取る児童ら

 市立久地小学校2年の児童7人が10月11日、学区内の堰稲荷神社(金子善光宮司)を訪れ、神社の歴史などを学んだ。

 これは、児童たちに自分たちの住む町の良さをもっと知ってほしいと同校で毎年行われている課外授業「えがおのひみつたんけんたい」の一環。夏休み前に行った「町たんけん」で学んだことでさらに詳しく知りたい場所に直接インタビューをしにいくというもの。今年もスイミングクラブや寺院、養鶏場など19カ所を選び、グループに分かれてそれぞれを回った。

 堰稲荷神社を訪れた7人は金子宮司に自分たちで考えてきた「神社のお仕事で大変なことは」「狛犬の意味は」などの質問を投げかけ熱心にメモをとっていた。その後、社殿の中を見学したり、奉賛会会員の協力のもと、手水舎や参拝の作法を学んだ。児童からは「(境内は)広いから掃除が大変そう」「宮司さんの服が格好良い」などの感想が聞かれ、金子宮司は「子どもたちが日本文化に関心を持つきっかけになれば」と話していた。

高津区版のローカルニュース最新6

拉致問題、理解深めて

【Web限定記事】川崎市

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月17日号

ミス・ジャパン日本大会へ

区内在住 高村さん

ミス・ジャパン日本大会へ 社会

推薦受け岐阜代表に選出

9月17日号

区内3人1団体が受賞

市文化賞

区内3人1団体が受賞 文化

地名研らに栄誉

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

障害者の作品募集

川崎市ら

障害者の作品募集 文化

12月に川崎区で展示

9月17日号

未来見据た組織づくりを

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook