高津区版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

市のアゼリア輝賞を受賞し国内外で活躍するジャズピアニストの 桑原 あいさん 洗足学園高校出身 26歳

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena

出会いで音色より豊かに

 ○…世界一流の演奏家との協演や今春から報道番組のオープニング曲に起用されるなど、今注目を集める若手ジャズピアニスト。「ジャズはみんなが楽しくなれる音楽。お客さんを巻き込みながら『会話』ができることが魅力」と明るい笑顔で語る。洗足学園高校音楽科を卒業し、3年前に市が開催したジャズのコンペで優勝してスイスのモントルージャズフェスの出場権を得るなど川崎とも縁が深い。「自分がやりたくない音楽は絶対にやらない。『桑原あいの演奏をやること』からぶれないように」

 ○…昨年、伝説的なドラマー、スティーヴ・ガッド氏、ウィル・リー氏と協演を果たした。4年前に参加した東京の音楽祭にガッド氏も出演したことが縁。「雲の上の存在。もう舞い上がってしまって」。ガッド氏から『いつか一緒に演奏しよう』と言われたが実行する自信はなかった。背中を押したのはモントルーで演奏を聴いた音楽プロデューサーからの『このまま進みなさい』という一言。「チャンスがもらえているのにちゅうちょする理由はない」と帰国後すぐに連絡し実現した。

 ○…千葉県出身。2人の姉の影響で自然とエレクトーンを始め、全国で優勝するなど才能はすぐに開花。だが、10歳で出会ったジャズへの思いが募り、中学生の時にピアノに転向。エレクトーンとは一転、思うような演奏ができず「弾くことが怖くなった」という。そんな気持ちを解したのが高校時代の恩師。「先生と話すと前向きになれた。言葉にはしなかったけど『音楽って楽しいでしょ?』って伝えてくれた」という。

 ○…休日は旅行、料理、釣りなどアクティブに動く。特に料理は「豚汁には自信がある」とにやり。日常の生活を大切に過ごすことが表現の幅を広げる。11月はかわさきジャズで恩師との初協演やNYでのライブ出演など忙しい。どんな舞台も「目の前の仕事や人を大切に」。その積み重ねが次の舞台へつながる。

高津区版の人物風土記最新6

高村 優奈さん

「2021ミス・ジャパン日本大会」に 出場する

高村 優奈さん

高津区在住 21歳

9月17日号

大山 隆久さん

北海道美唄市のアンテナショップを自社敷地内に新たに設けた

大山 隆久さん

久地勤務 52歳

9月10日号

鈴木 讓さん

高津区商店街連合会の会長に就任した 「よみがえり」日々成長中

鈴木 讓さん

末長在住 67歳

9月3日号

吉沢 春陽(はるひ)さん

高津市民館で開講する無料塾「かわさき芽吹塾」の代表を務める

吉沢 春陽(はるひ)さん

横浜市在住 20歳

8月20日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

小倉 正さん

横浜市在勤 77歳

8月13日号

望月 晶子さん

紙芝居師「紙しばいや もっちぃ」として高津区などで活動する

望月 晶子さん

世田谷区在住 

8月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook