高津区版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

民生委員がダルク訪問 薬物乱用を考える

社会

ダルクのスタッフ(右端)の説明を受ける協議会のメンバー
ダルクのスタッフ(右端)の説明を受ける協議会のメンバー
 高津第三地区民生委員児童委員協議会(竹仲密昭会長)は11月27日に中原区新城にある川崎ダルクを見学した。同協議会がダルクを訪問するのは初めて。

 ダルクとは薬物依存者の回復を目指すための施設のこと。川崎ダルクは2004年、日本で10番目に生まれ、北見方のアパートの1室で始まった。今回の訪問はダルクの責任者の藤原忠興さんの紹介で実現した。

 当日はダルクのスタッフが同協議会を案内し、11月にリフォームが完了したばかりの寮などを見学した。見学後は施設利用者の経験談などが語られた。その後、同協議会のメンバーからは「利用者が薬物を断つには、施設として何に気を付ける必要があるのか」や「利用者と家族が面会する機会はあるのか」などといった質問が積極的にされた。

 同施設の理事で施設長も務める岡崎重人さん(37)は「薬物依存への理解はまだ浅いが、川崎ダルクは様々な活動を通して地域に支えられつつある。今回を機に、同協議会ともより密に協力できたら」と話した。

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

合計300歳超えの歌声

グルービー・グランパーズ

合計300歳超えの歌声

18日、高津区で記念公演

2月18日~2月18日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三三回 「高津町の近代化」

    高津物語

    2月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三ニ回 「多摩川大洪水の後」

    高津物語

    2月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク