高津区版 掲載号:2017年12月8日号 エリアトップへ

民生委員がダルク訪問 薬物乱用を考える

社会

掲載号:2017年12月8日号

  • LINE
  • hatena
ダルクのスタッフ(右端)の説明を受ける協議会のメンバー
ダルクのスタッフ(右端)の説明を受ける協議会のメンバー

 高津第三地区民生委員児童委員協議会(竹仲密昭会長)は11月27日に中原区新城にある川崎ダルクを見学した。同協議会がダルクを訪問するのは初めて。

 ダルクとは薬物依存者の回復を目指すための施設のこと。川崎ダルクは2004年、日本で10番目に生まれ、北見方のアパートの1室で始まった。今回の訪問はダルクの責任者の藤原忠興さんの紹介で実現した。

 当日はダルクのスタッフが同協議会を案内し、11月にリフォームが完了したばかりの寮などを見学した。見学後は施設利用者の経験談などが語られた。その後、同協議会のメンバーからは「利用者が薬物を断つには、施設として何に気を付ける必要があるのか」や「利用者と家族が面会する機会はあるのか」などといった質問が積極的にされた。

 同施設の理事で施設長も務める岡崎重人さん(37)は「薬物依存への理解はまだ浅いが、川崎ダルクは様々な活動を通して地域に支えられつつある。今回を機に、同協議会ともより密に協力できたら」と話した。

高津区版のローカルニュース最新6

富山に1勝1敗 東地区5位

【Web限定記事】バスケB1・川崎BT

富山に1勝1敗 東地区5位 スポーツ

12月の奮起誓う

11月20日号

2週間で最多308人

【web限定記事】川崎市内の「新型コロナ感染者数」

2週間で最多308人 社会

11月に入り急増傾向に川崎市「対策の徹底を」

11月20日号

幻の「川崎モノレール」辿る

幻の「川崎モノレール」辿る 社会

企画展で溝口駅予想図も

11月20日号

溝口の風物詩、今年も

キラリデッキイルミネーション

溝口の風物詩、今年も 経済

20万球のLEDで彩り

11月20日号

「多摩川なまず」命名を

宇奈根で釣り針に

「多摩川なまず」命名を 文化

3条件で市が募集

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 意外と知らない!?ボウリングの魅力

    改装3周年ムサシボウル所属プロがQ&Aで解説!

    意外と知らない!?ボウリングの魅力

    第1回「ジュニア選手の育成」について

    11月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第16話 その3 関口 務 さん

    11月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第16話 その2 関口 務 さん

    11月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク