高津区版 掲載号:2017年12月8日号 エリアトップへ

在宅医療でできることは シンポジウムに81人参加

社会

掲載号:2017年12月8日号

  • LINE
  • hatena
在宅医療について語る山岡氏
在宅医療について語る山岡氏

 高津区における在宅医療の現状や課題を学ぶシンポジウムが12月2日、高津区役所で開かれた。

 高齢化社会を迎え、最近は病院で長期療養するよりも、在宅医療や看護・介護を活用して自宅などで療養生活を送り、最期を迎えたいという人が増えている。当日は会場の満席に近い81人が参加し、関心の高さをうかがわせた。

 シンポジウムではまず、区内を中心に在宅医療を専門に行う「田園二子クリニック」院長の山岡桂太氏が講演。定期的な訪問診療と必要時の往診からなる在宅医療の基礎知識や、訪問診療ならではの良い点、できない治療などを解説。そして、実際の治療記録を例にどのように在宅医療が行われているか説明し、「まずは在宅医療で何ができるか知っていただき、ご自身やご家族の療養の選択肢としてもらえたら」と語った。

 そして、第2部では訪問看護師やケアマネージャー、ヘルパー、地域包括支援センターの担当者が参加して、それぞれの在宅医療・介護への関わり方や、協力体制などについて説明。一般参加者から在宅医療についての不安や質問も寄せられ、コーディネーターを務めた久地さとう医院院長の佐藤浩則氏は「在宅医療といってもいろいろできる。場所が病院から自宅に代わっただけという安心を感じてもらえたら」と語った。

 シンポジウムを終え、区内から参加した女性は「数年前に亡くなった主人の時は在宅医療ができるなんて考えられなかった。私の時は最期を自宅で過ごしたいので、今日の話を娘に伝え、相談したい」と感想を話した。

高津区版のローカルニュース最新6

富山に1勝1敗 東地区5位

【Web限定記事】バスケB1・川崎BT

富山に1勝1敗 東地区5位 スポーツ

12月の奮起誓う

11月20日号

2週間で最多308人

【web限定記事】川崎市内の「新型コロナ感染者数」

2週間で最多308人 社会

11月に入り急増傾向に川崎市「対策の徹底を」

11月20日号

幻の「川崎モノレール」辿る

幻の「川崎モノレール」辿る 社会

企画展で溝口駅予想図も

11月20日号

溝口の風物詩、今年も

キラリデッキイルミネーション

溝口の風物詩、今年も 経済

20万球のLEDで彩り

11月20日号

「多摩川なまず」命名を

宇奈根で釣り針に

「多摩川なまず」命名を 文化

3条件で市が募集

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 意外と知らない!?ボウリングの魅力

    改装3周年ムサシボウル所属プロがQ&Aで解説!

    意外と知らない!?ボウリングの魅力

    第1回「ジュニア選手の育成」について

    11月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第16話 その3 関口 務 さん

    11月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第16話 その2 関口 務 さん

    11月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク