高津区版 掲載号:2017年12月8日号 エリアトップへ

川崎F、奇跡の逆転初V 創設21年目で悲願達成

スポーツ

掲載号:2017年12月8日号

  • LINE
  • hatena
優勝を喜ぶ選手たち
優勝を喜ぶ選手たち

 サッカーJ1の最終節が今月2日、各地で行われ、地元、川崎フロンターレが奇跡の逆転優勝を果たした。クラブ創設21年目にして初のJ1タイトルを獲得。試合が行われたホーム等々力陸上競技場は歓喜に満ち溢れた。

 フロンターレはこの日、大宮アルディージャと対戦。J1随一の攻撃力を発揮し、5対0で下した。前節までの首位・鹿島アントラーズが引き分け、得失点差で上回り、逆転優勝を果たした。この試合でハットトリック(3ゴール)を決めたFW小林悠選手がリーグ戦の得点王に輝いた。

「時計の針進んだ」

 様々な逆転劇を演じた「等々力劇場」の集大成だ。

後半51分、長谷川選手が5点目を決めた。その直後、試合終了を告げるホイッスルが鳴り、鹿島の引き分けがスコアボードで表示されると、無数の青い紙テープが観客席から投げ込まれた。グラウンドではJ2時代から支え続けたMF中村憲剛選手が号泣した。「長かった。長すぎて優勝できずに(選手を)辞めるのではないかと思った。みんなでつかんだ優勝」と喜んだ。

 サポーターも歓喜にむせた。2002年から応援し続ける稲川英和さんは「石塚監督、関塚監督をはじめこれまでの積み重ねがつながった」と笑顔を見せた。幸区在住の小林真理さんは「これまでの悔しさが全部吹きとんだ」と語った。

10日 記念パレード

 同クラブ優勝を受け、川崎市は2日、記念パレードをあさって10日午前11時から川崎駅前で実施すると発表した。5万人規模を見込んでいるという。パレードは、挨拶終了後、午前11時30分頃、川崎市役所第3庁舎を出発し、川崎駅南交差点までの約700メートルをバス2台で移動。
 

高津区版のトップニュース最新6

防げ「2度目のクラスター」

高津警察署

防げ「2度目のクラスター」 社会

地元企業が抗菌施工

11月20日号

中高生に「投資の概念」を

中高生に「投資の概念」を 社会

坂戸の高橋さんが入門書

11月20日号

オンラインで国際交流

洗足学園中学校

オンラインで国際交流 教育

11月13日号

大山街道で謎解き

高津区

大山街道で謎解き 文化

「密」避ける新企画

11月13日号

溝ノ口劇場で初実施

リズムワークショップ

溝ノ口劇場で初実施 文化

障がい者支援「プロ仕様」に

11月6日号

「ラジオ体操」の音源収録

小黒恵子童謡記念館

「ラジオ体操」の音源収録 文化

アプリ視聴で特典付与も

11月6日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 意外と知らない!?ボウリングの魅力

    改装3周年ムサシボウル所属プロがQ&Aで解説!

    意外と知らない!?ボウリングの魅力

    第1回「ジュニア選手の育成」について

    11月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第16話 その3 関口 務 さん

    11月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第16話 その2 関口 務 さん

    11月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク