高津区版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

行燈で初詣に彩り 末長の杉山神社で

社会

ねぶた絵師による行燈
ねぶた絵師による行燈
 区内末長の杉山神社(金子善光宮司)で正月の初詣に合わせて一対の行燈が3日まで飾られた。

 これは、金子宮司が同じく宮司を務める多摩区の中野島稲荷神社に中野島の県人会有志が奉納したもの。ねぶたの絵師が描いたもので、ねぶた自体は県外へ出すことは禁じられているが、行燈ならということで依頼したもの。しかし、稲荷神社の拝殿前が手狭だったため、地元の了解を得たうえで昨年に杉山神社に移された。

 行燈はそれぞれ縦1メートル×横50センチメートルの大きさで、武者絵と美人画が描かれている。初詣の参拝者にも好評で、金子宮司は「『ねぶた師が描いた』と伝えると皆さん不思議そうに見直していきますよ」と話していた。

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

KSPでディナーショー

KSPでディナーショー

読者1組2名を招待

8月8日~8月8日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連第一〇五四回「夏の思い出」

    高津物語

    7月20日号

  • 高津物語

    連第一〇五三回「賑わった大山街道溝口」

    高津物語

    7月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク