高津区版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

市自治功労賞 高津区から2会長 地域の安全・安心に尽力

社会

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena
森会長(右)と田中会長
森会長(右)と田中会長

 地域住民の福祉や住民自治の振興、発展に貢献した町内会・自治会長を表彰する「川崎市自治功労賞」の受賞者がこのほど発表され、区内からは久末町内会の森幸男さんと、梶ヶ谷4丁目町内会の田中利男さんが選ばれた。功労賞贈呈式は2月13日に行われる。

自然守り安全なまちを

 森会長は2007年から久末町内会の会長を務め、17年には市町内会・自治会長永年勤続功労者表彰も受賞している。また、橘地区連合自治会副会長、高津区全町内会連合会理事のほか、区廃棄物減量指導員連絡協議会、防犯協会、防火協会、橘地区社協など、様々な分野で活動してきた功績が評価された。

 森会長は「これだけ長く会長を務めると思っていなかったが、町内会の皆さんの頑張りや、家族の支えで続けてこられた」と喜びを語る。久末町内会を運営するうえで特に注力したのは「街灯の管理」と「ゴミ出し分別指導」。特にゴミの分別では、町会の環境委員が中心となって定期的にパトロールを実施してきた。「豊かな自然が残るこの地域で住民が安全・安心に暮らせるよう、これからも皆で協力していきたい」と語る。

今後は広報にも力を

 田中会長は05年から梶ヶ谷4丁目町内会の会長を務め、16年に市町内会・自治会長永年勤続功労者表彰を受賞した。これまで高津地区連合町内会の理事や副会長を歴任。全町内会連合会でも理事を務め、防犯協会や防火協会、区廃棄物減量指導員連絡協議会などの役職も務めるなど幅広い分野での活躍が評価された。

 「住みよいまちをつくるために当たり前の活動を当たり前に続けてきただけ」と謙遜するが、「定期的な防犯パトロールなど町内会役員や会員が積極的に協力してくれることがありがたい」と感謝を語る。

 「戸建が多い地域で、長く暮らす人が多く、住民のつながりも強い」という同町内会。田中会長は「今後も地道な活動を皆で続けながら、より住みよいまちをめざして広報活動にも力を入れていきたい」と意気込みを語った。

高津区版のトップニュース最新6

地元愛、醸成の起爆剤に

ダンス聖地「溝口」

地元愛、醸成の起爆剤に 文化

19日、高津区初のイベント

1月17日号

救急出動 30年で2・5倍

川崎市

救急出動 30年で2・5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

「未来の高津」実現に向けて

「未来の高津」実現に向けて 政治

高梨区長が抱負語る

1月10日号

獅子舞で正月風情再現

子母口4町会

獅子舞で正月風情再現 文化

囃子保存会メンバー尽力

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

「目標は往路優勝、総合3位」

国学院大

「目標は往路優勝、総合3位」 スポーツ

歴史を変える挑戦へ

1月1日号

親子2代の善意で「継続」へ

高津区社協移送サービス事業

親子2代の善意で「継続」へ 社会

区内企業が車両を寄贈

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その2 三田 菊一さん

    1月17日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第8話 その1 大竹 寿一(ひさいち)さん

    1月17日号

  • 「悔いなき人生」目指す

    新春インタビュー【2】

    「悔いなき人生」目指す

    プロドラマー 島居 里帆さん

    1月1日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク