高津区版 掲載号:2018年2月2日号
  • LINE
  • hatena

高津青年会議親睦会 信号機に「円筒分水前」 標識で、親切な道しるべ

社会

設置されたプレートと親睦会会員ら
設置されたプレートと親睦会会員ら
 高津青年会議親睦会(柳下久光会長)が久地第1町内会(瀧村治雄会長)や行政と協力し、久地円筒分水そばの交差点信号機に「円筒分水前」という地点名標識を設置した。高津青年会議親睦会がこのようなプレートの設置に動いたのは初めて。同会では「区内の名所旧跡を多くの人が知るきっかけになって、親切なまちづくりにつながれば」と期待を寄せる。

 今回の地点名標識設置を企画したのは高津青年会議親睦会の吉田誠さん=写真(前列右)。同会は区内を中心に奉仕活動を続ける青年実業家らの団体で、4年前から区内の無名の信号機に名前を付ける事業に取り組んできた。

 同会の調べでは、区内に信号機が約160カ所あるが、その約半数に名前がついていない。そこで、区民はもちろん、初めて高津区を訪れた人々にとっての「道しるべ」を増やして分かりやすい街を目指しつつ、住民の記憶から消えつつある「通称」や「過去の地名」を残すことを目的に始めた。

 その第一弾に選んだのが久地円筒分水前の信号機。吉田さんらは地元、久地第1町内会の瀧村会長と相談し、2016年6月に連名で高津区長に要望書を提出。高津区もその趣旨に賛同し、区道路公園センターの予算での設置を決めた。

 瀧村会長は「地元の名所を多くの人に伝えられることはもちろん、住民にとっても災害など緊急時の目印としても大変役立つ」と感謝を語った。

 設置された標識を見た吉田さんは「4年越しの活動が形になって嬉しい」と感慨深げ。次は、千年に「橘樹官衙入口」という地点名標記を蟻山坂の工事に合わせて設置する予定で、同会企画運営部会の部会長を務める鈴木清さんは「今後もより良いまちづくりに貢献できるよう、親睦会として検討を重ねていきたい」と話した。

高津区版のトップニュース最新6件

自転車事故が3割超

川崎市交通事故

自転車事故が3割超

1月18日号

救急出動が過去最多

川崎市

救急出動が過去最多

1月18日号

学校司書、4校に1人

市立小

学校司書、4校に1人

1月11日号

林さんと吉田さんが受賞

川崎市自治功労賞

林さんと吉田さんが受賞

1月11日号

「キラリと輝く高津区を」

時差通勤、3回目試行へ

川崎市職員

時差通勤、3回目試行へ

1月4日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

交流会で福祉活動学ぶ

交流会で福祉活動学ぶ

2月4日 各団体と意見交換も

2月4日~2月4日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇七九回「平賀栄治のこと」

    高津物語

    1月18日号

  • 高津物語

    連載第一〇七八回「新春雑感」

    高津物語

    1月11日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク