高津区版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

地産卵で街道活性語る オリジナル料理も披露

文化

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena
この日のために考案された卵料理が提供された
この日のために考案された卵料理が提供された

 大山街道周辺のまちづくりを考え、実践する「大山街道アクションフォーラム」が2月3日に大山街道ふるさと館で開かれた。26回目の今回は34人が参加。「たまごde大山街道」をテーマに、区内で養鶏場を営む河崎誠さんを招き、区内産の卵について様々な角度から魅力を掘り下げた。

 前半では河崎さんと株式会社NENGOの的場敏行代表がクロストークを行い、高津区産の卵の特徴や地産地消の可能性について語り合った。中でも河崎さんは「できれば直売所まで来て、おいしいものはおいしい、ダメなものはダメと直接言いに来てほしい」と参加者に生産者との交流を呼びかけた。

 また後半ではクアーレ、新富、銀の蔵の区内飲食店3店舗がそれぞれ河崎養鶏園の卵を使ったイベントオリジナルの料理を披露した。釜揚げうどん、カルボナーラ、卵かけごはんの全てを試食した久本在住の多田三徳さん(66)は「どういう卵料理が食べられるか楽しみにして来た。河崎さんの卵は想像以上に濃厚だったので、ぜひ買いたい」と笑顔で話した。

高津区版のローカルニュース最新6

4カ月連続で減少

【Web限定記事】 川崎市人口

4カ月連続で減少 社会

コロナ禍、転出増が一因

1月28日号

「子どもと共に成長を」

川崎市幼稚園協会

「子どもと共に成長を」 教育

研修大会で永年勤続表彰

1月28日号

非課税世帯等に10万円

川崎市

非課税世帯等に10万円 社会

2月中旬以降に給付へ

1月28日号

特殊詐欺を未然に

高津警察署

特殊詐欺を未然に 社会

コンビニ店員2人に感謝状

1月28日号

遊具を借りてお家で遊ぼう

詩吟歌謡で元気を

詩吟歌謡で元気を 文化

高津川さん企画 盛況

1月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook