高津区版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

高津区区民会議 12年の集大成、次代へ きょう、区長に最終期報告書

社会

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena
会議であいさつする遠藤会長(写真中央)
会議であいさつする遠藤会長(写真中央)

 今期いっぱいでの休止が決まっている、高津区区民会議の第6期最後の全体会議が3月2日に区役所内で開かれた。2年間の活動をまとめた報告書は、きょう9日の区民会議フォーラムで高梨憲爾区長に提出される。2006年から各区で12年間続いた区民会議。市は今後の方針を来年度中にまとめる予定だ。

 第6期高津区区民会議(遠藤勝太郎委員長)は、町内会や各団体などから選出された20人の委員が、「アイデアを実行に!行動する区民会議」をキャッチフレーズに2年間にわたり活動してきた。子どもの地域参加や障害者の差別解消と理解促進などに取り組む「活き活きまちづくり部会」と、自助・共助の意識を啓発する「防災まちづくり部会」の2つの部会でそれぞれ課題を話し合ってきた。

 この日の全体会議では、各部会の活動報告のほか、区長に提出する報告書の細部を確認した。最後の会議を終え、遠藤委員長は「2年間におよぶ各委員の協力に感謝するとともに、この報告書がより良い高津区をつくるために少しでも役立てば」と感想を語った。また、別の委員は取材に対し、「区民会議は休止するが、今後も区民の意見を行政に反映する仕組みは残すべき。区民が気軽に参加でき、市民の柔軟なアイデアで意見を出し合える場になれば」と話した。

 区民会議の休止は昨年秋に発表された。市では来年度中に再開か廃止かを含めた方針をまとめる予定だ。高津区は「12年間におよぶ区民会議の功績は区役所にとっても大きかった。次がどのような形になるにせよ、今後も幅広い方々の意見をうかがえる機会になれば」と話している。

高津区版のトップニュース最新6

4年ぶり 故郷に「返還」

準絶滅危惧種「エビネ」

4年ぶり 故郷に「返還」 社会

官民連携で保全に成功

11月26日号

塗装技能で「匠」に

新作「丸紘」勤務綾部淳さん

塗装技能で「匠」に 社会

かわさきマイスター認定

11月26日号

いざに備え防災訓練

川崎市

いざに備え防災訓練 社会

新システム活用も

11月19日号

賃貸物件に「ダイチャリ」

不動産会社エヌアセット

賃貸物件に「ダイチャリ」 社会

来夏までに新規50カ所

11月19日号

災害時も日常の食事を

区内有志「減災ガールズ」

災害時も日常の食事を 社会

企業と「調理ジッパー」開発

11月12日号

県初優勝、いざ全国へ

西高津中駅伝部

県初優勝、いざ全国へ スポーツ

市大会からの「逆転」に歓喜

11月12日号

川崎市北部のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook