高津区版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

高津小5年生 環境学習発表で大賞2つ 伝え方工夫し高評価

教育

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena
ダブル受賞を喜ぶ児童ら
ダブル受賞を喜ぶ児童ら

 高津小学校の5年生(152人)が、1年間の環境学習の成果を発表する「エネルギー・環境 子どもワークショップin川崎2018」で、児童生徒が選ぶ「かわさきキッズ大賞」と大人が選ぶ「ワークショップ大賞」のダブル受賞をした。同企画でこれらの大賞のダブル受賞が出たのは初。

 同校が工夫したのは人気テレビ番組を参考にした伝え方。手描きの絵や映像を使いながら、地球温暖化の予想を天気予報のように紹介したり、Tシャツからできたエコバッグの作り方を3分間にまとめたりした。

 内容にもこだわった。ダンボールで作ったコンポストボックスの紹介では、生ごみが肥料に代わる過程を説明したほか、入れていいものと悪いものを解説し、実践的な発表を心掛けた。

 受賞について、発表に関わった児童10人は「嬉しい」と喜びを爆発させた。また、このワークショップを通して児童たちは「ブロッコリーやキャベツの芯を捨てずに食べるようになった」「Tシャツバッグを作れるようになったから、普段からレジ袋の代わりに使うようにしている」と話し、実生活に学びを取り入れているという。

 同企画は市内小学校の教員などで作る実行委員会が主催。毎年2月に開催され、今年は市内小中学校16校が参加した。

<PR>

高津区版のローカルニュース最新6

後を絶たない「集積所の資源物持ち去り」に対し、川崎市がついに罰則化に向け本腰!?

【web限定記事】

後を絶たない「集積所の資源物持ち去り」に対し、川崎市がついに罰則化に向け本腰!? 社会

方針案策定の動きに「ホームレスにとってはアルミ缶が生活の糧」などと人権擁護を訴える市民団体の声も

2月26日号

各区へ実験拡大

【Web限定記事】 市シェアサイクル

各区へ実験拡大 社会

4月から 武蔵溝ノ口駅など追加

2月26日号

「憲剛」の名思い込め

「憲剛」の名思い込め 社会

久地・早川製作所

2月26日号

名前「たまずん」に

宇奈根のナマズ

名前「たまずん」に 社会

千件超の応募から選定

2月26日号

施設一部を貸出停止に

高津市民館

施設一部を貸出停止に 社会

ワクチン接種会場に伴い

2月26日号

献血協力に感謝

川崎西RC

献血協力に感謝 社会

154人が窓口へ

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク