高津区版 掲載号:2018年4月13日号 エリアトップへ

高津区「母の会」 「事故ゼロ」めざし50年 女性の力、地道に結集

社会

掲載号:2018年4月13日号

  • LINE
  • hatena
1960年代の街頭監視の様子=猪岡さん提供
1960年代の街頭監視の様子=猪岡さん提供

 高津区交通安全母の会が4月6日、発足50年を迎えた。県内初の「母の会」として「交通安全は家庭から」を掲げ、交通安全を地域に啓発してきた。「交通事故ゼロを目指し、地道に活動を続けることが大切」と近藤泰子会長(79)は話す。

 高津区交通安全母の会は、通勤、通学時の交差点での声がけや交通量の多い地点に拠点を構え、交通安全の啓発などを行っている。

 発足は1968年。「第一次交通戦争」と呼ばれ、事故死者数が全国で1万人を超す当時、初代会長の故吉崎キンさんが呼びかけ、高津・橘・宮前・向ヶ丘の4分会、約200人で結成した。

 「民生委員を務めていた吉崎さんは、事故遺族の家庭が崩壊する悲惨さを目の当たりにされていた。『子どもの交通安全を守ろう』という吉崎さんの思いから始まりました」と現名誉会長の猪岡カツ子さん(90)は発足の経緯を話す。発足当初は、交通遺児家庭の訪問や、着物に割烹着を来た女性たちが、街頭に立ち声掛けを行っていた。

 発足10周年を迎えた時は、市の承諾を得て緑ヶ丘霊園の噴水広場に道を守る「道守地蔵尊」を建立。交通事故が減らないことを憂いた吉崎会長の発案だったという。建立以来、同会は春、秋の彼岸に参拝している。

 暴走族の前身「カミナリ族」が増えた頃は、鬼に仮装して区民祭パレードに参加したり、チャイルドシート普及のため区内幼稚園で講習会を行ったこともあった。猪岡さんは「天災と違い、交通事故は一人一人の心がけで防げる。1件でも事故が減ることを願い活動するのが母の会」と語る。

 現在の会員数は73人。発足から続く街頭での安全啓発や年4回実施される交通キャンペーンへの参加、地域の広報巡回などに力を注いでいる。

 近藤会長は「継続できたのは地域方の支援やOBの方の地道な努力に支えてもらったたおかげ」と感謝し「地道に、微力ながらも、交通事故のない高津区を目指して歩んでいきたい」と話した。

近藤会長
近藤会長
猪岡名誉会長
猪岡名誉会長

高津区版のトップニュース最新6

旧校舎にも愛着持って

高津小おやじの会

旧校舎にも愛着持って 教育

善意の「ペンキ塗り」今年も

8月16日号

二子の補聴器店が優秀賞

かながわ産業Navi

二子の補聴器店が優秀賞 経済

独自の販売手法に評価

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「10年の歩み」1冊に

久地円筒分水サポートクラブ

「10年の歩み」1冊に 文化

記念誌で「記憶を記録」へ

8月9日号

「ゴミ処理スキル」を刷新

マルイファミリー溝口ノクティプラザ

「ゴミ処理スキル」を刷新 社会

稼働3カ月で早くも成果

8月2日号

“住民手づくり”40回

橘ふるさと祭り

“住民手づくり”40回 文化

自治会、団体地域総出で

8月2日号

「教えてお兄さん、お姉さん」

地元の学生が講師を担当

「教えてお兄さん、お姉さん」 教育

橘小「お楽しみ会」定着へ

7月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その4 青山 昭久さん

    8月16日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第3話 その3 青山 昭久さん

    8月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク